コード進行を覚えるには

そのコードに対応するフレーズを演奏するまでは、 そのコードは単なる記号でしかなく、何者か分からないため、 「進行を覚えにくい」

記事を読む

明日のアドリブセミナー受付中(リーダーライブのお知らせ有)

9月は私の音大同級生トリオによるリーダーライブがあります。8月のアドリブセミナーは明日から3回開催します! 前日までご参加を受け付けておりますので、 以下のページより、お気軽にお問い合わせください。

記事を読む

Waveのコード進行を分かりやすく

Waveのコード進行は少し複雑ですが、 ちょこっとアナライズをするだけで、かなりアドリブしやすくなります。

記事を読む

Star Eyesの最後の段(アドリブフレーズ例付き)

一見すごく難しそうなコード進行ですが・・ 実はアドリブしやすいコード進行でもあります! なので、苦手意識をなくしてしまいましょう♪

記事を読む

渋谷菜々子ジャズトリオライブありがとうございました

アドリブセミナーやアドリブレッスンの生徒さん方もいらっしゃり、 とても嬉しかったです。昭和音大ジャズコースと洗足音大ジャズコースの同級生トリオでした。

記事を読む

明日7/22のライブ&8月のアドリブセミナー

テーブルチャージ ¥700 ミュージックチャージ ¥0(チップ制) ☆演奏中の出入り自由☆

記事を読む

来週渋谷菜々子リーダーライブです♪

私が全曲アレンジをしました♪ 仕掛けもたくさんつくりましたので、 ジャズを楽しんでいらっしゃる方も、 これからジャズを始める方も、 コアなジャズファンの方も、 楽しんでいただける内容になっていると思います!

記事を読む

明日6/27はジャズフルートデュオライブ♪

ミュージックチャージはなく、テーブルチャージ700円+投げ銭ですので、 お気軽にお越しください♪ 数曲だけ聴きに〜♪というのも大歓迎です!

記事を読む

2019年7月のジャズアドリブセミナー日程

7月のアドリブセミナーの日程が決定いたしましたので、お知らせいたします。■練習時にどんなことがアドリブ習得への壁となっているか■どのように練習すれば、その壁を壊せるかが体感で入ってくるので、理解しやすいです。

記事を読む

転調の多い曲のアドリブのコツ

まず、この曲には6つのKeyのツーファイブ進行が登場しますが、  こういった転調の多い曲を練習するときのポイントがあります。 より多く出てくるKeyのツーファイブ進行から練習していくことで、 曲の多くを占める部分をクリアできる、ということになるので、効率が良いです。

記事を読む

ドリアンとかイオニアンっていつ使うの?

ジャズの教則本を読むと、必ず書かれています。 「必要な知識ですか?」という質問には、絶対に「はい」と答えます。 ですがこれらは、最初に覚えなければ次に進めない、という知識ではありません。今回のドリアン・ミクソリディアンなどの用語や アベイラブルスケールなどの知識は、あくまでも 使えるフレーズの種類を特定するために用いるものです。

記事を読む

裏コードについて:実践編

「イパネマの娘」でも、今回取り上げた「裏コード」の進行が出てきます。 裏コードとは、 全く違うコードのようであり、 代わりを務め合うことのできる存在 なんです。 <7thが半音で下って着地する進行は『裏コード』> という風に覚えてしまうと良いです。

記事を読む

5月27日ジャズフルートデュオライブ@赤坂dot&blue

5月27日の夜に、ジャズフルートデュオのライブをします。 ミュージックチャージ ¥0 です。

記事を読む

演奏したい曲があってもコード進行を見て挫折する方に

私がアドリブ中に無意識におこなっていることは何だろう?とよく考え、また、普段レッスンで指導させていただいているときの生徒さんの傾向などもヒントに、具体的な攻略法を考えました。

記事を読む

ツーファイブはいくつ覚えるべきなのか

ただのフレーズのコピペではなくなる、ということです。「同じフレーズを、いかに工夫して様々なシチュエーションで使うか」というところが大切なのですが、これについて、、、

記事を読む

コード譜は絶対じゃない

譜面に書いてある通りのサイズで演奏しようとするとかなり窮屈ですが、同じスケールを使える範囲では、自由にフレーズを組み合わせることができると思っておくと、アドリブがさらに自由になります。

記事を読む

Sponsored Links