4月22日ジャズフルートデュオライブ@赤坂dot&blue

ミュージックチャージ ¥0 です。今回このライブをするにあたって、2管の譜面を15曲〜20曲くらい書いてみましたが、自分で予想していたよりもずっと良いものが出来た気がして、今からワクワクしています!全曲アドリブもします!!!

記事を読む

7月12日(金)夜リーダーライブ

昨年12月に素敵な企画をいただき、今年の12月に、この3人でCDを出すことになりました!!!二人とも、学生時代、小曽根真さん率いる選抜バンドに選ばれ、Tokyo Jazzで演奏した実力派のミュージシャンなんです!

記事を読む

メールレッスンを受講された方からのメッセージ

メールレッスンを受講していただいている方から素敵なメッセージをいただきました♪メールレッスンを受けてから、アドリブに自由が効くようになってきて、ジャムセッションに通い始めた、という方も多いです。

記事を読む

Joy Springのアドリブ演奏法

今日はJoy Springのコード進行アナライズについてです。Bb管・Eb管に移調したコード譜も後半に出てきますので、参考にしていただけましたら嬉しいです。

記事を読む

2019年4月のジャズアドリブセミナー日程

4月のアドリブセミナー日程を以下のページに追加しました。

記事を読む

難しいコード進行:半音で下がる7th

上記のコード進行は難しく感じますが、他の見覚えのあるコード進行に置き換えて演奏することができます。

記事を読む

3拍子のアドリブのコツ

今日は3拍子のアドリブをとっつきやすくする方法をご紹介します。演奏し慣れているフレーズを、3拍子でも演奏するのが簡単になるよう、まず体感して色々試してみる必要があります。

記事を読む

バラードのアドリブのコツ

バラードのテンポでいつものツーファイブフレーズやドミナントフレーズを使うと、16分音符で演奏した場合、尺が足りない8分音符で演奏した場合、間延びしてしまうという問題が出てくることがあると思います。

記事を読む

4barsで焦らないコツ

ジャムセッションに恐れを感じる理由の1つに、「4bars」で訳が分からなくなりそうというのがあると思います。

記事を読む

ジャムセッションが怖くなる&上達を妨げる練習

ジャムセッションで最も敵となる「上手くできなければ終わり=完璧主義」のメンタルがどんどん剥がれていきます。なぜなら「難しいことを完璧にできることなんて永遠にありえない」ということを、新曲に沢山触れていくうちに知ることができるからです。

記事を読む

ラインクリシェフレーズは超便利

コード進行の表示の仕方は様々ですが、上記の3つのコード進行すべてに対して、ラインクリシェの技法を用いることができます。つまり、「m」が付いていて、それが4小節続けば、ラインクリシェがよくサウンドする、ということです。

記事を読む

メジャーセブンスのフレーズ

ツーファイブとメジャーセブンスフレーズは分けて覚えておいて、自分で自在に「あのフレーズとこのフレーズを今回はくっつけよう」という風にフレージングを選べる方が少ないフレーズ数でも、組み合わせ次第で様々なバリエーションを持つことができます!

記事を読む

ジャズのブルースのコード進行の解釈

ブルースは1小節目から「7thコード」が出てくるので 混乱してしまいますが、 ブルースに出てくる「7thコード」は、普通の曲の「7thコード」とは少し意味合いが違う というのがポイントです。

記事を読む

Ebm7 Ab7のツーファイブフレーズ厳選5種

難しいKeyだけどよく出る というようなツーファイブフレーズは、 いつまでも苦手意識があるともったいないです!フレーズに対して、自分でなにか意味づけをしてやる と長期間覚えていられたり、 アドリブ中でも冷静に思い出すことができたり、良いことがあります。

記事を読む

ディミニッシュスケールのフレーズ

そのオススメの理由は以下の4点です。 ■8つのツーファイブで共通して同じフレーズ/スケールが使える (1つ覚えるだけで、色々な箇所で使える!) ■楽器の特性に合う音域に合わせて、スケールパターンを使用することができる ■少しトリッキーなサウンドにすることができる ■同じ音使いでリズムを変えれば、それだけで手数が増える

記事を読む

ジャズアドリブセミナーをおすすめする理由

「ツーファイブをただ当てはめる」という方法以外のアプローチを学んだとき、 私は急に アドリブを取るのが楽になり、 セッションでロストもしなくなり、 1小節1小節にとらわれすぎず、自由に次々とフレーズを繰り出せるようになり、 大きな変化を感じました。

記事を読む

Sponsored Links