ツーファイブとはなんぞや

この記事は約4分で読めます。

私の紹介しているアドリブ演奏方法では

「ツーファイブフレーズを集めましょう」
「ストックしたツーファイブフレーズを実際の曲に当てはめて練習しましょう」

という文章がよく出てきます。

ツーファイブ、聞いたこともあるしなんとなく分かるんだけど、、なんだっけ??

という方に、画像を使って少し分かりやすくお話できたら良いなあと思います。

ツーファイブとは

ツーファイブとは、コード進行の名称を指します。

ツーファイブのコード進行が・・

というように話に出てきたりします。

また、ツーファイブのコード進行上で演奏できるフレーズを
ツーファイブフレーズと呼びます。

ツーファイブ進行 例えば・・

例えば

Dm7 | G7
Gm7 | C7
Cm7 F7

このようなコードの組み合わせのことを、
ツーファイブのコード進行と呼びます。(まだハテナ?で大丈夫です)

ツーファイブ進行の定義

ツーファイブのコード進行には定義があります。
それは、以下の2つです。

◯m7と◯7というコードの組み合わせである
2つのコードの音名(アルファベット)が完全4度離れている

この2つの定義を満たしたとき、
ツーファイブのコード進行である、と判断できます。

例えば

Gm7 C7
gm7-c7

Fm7 Bb7
fm7-bb7
Cm7 F7
cm7-f7

これらは上記の条件2点を満たしていますので、
ツーファイブのコード進行である、と言えます。

まずは理屈抜きに、そういうもんだ。と割り切って覚えた方が良いのですが、

そもそもなぜこのコード進行には、
“ツーファイブ”という名前がついているのでしょうか?

その由縁を一緒に探っていきましょう。

ステップ1:音に番号をふってみよう

ツーファイブのコード進行をより深く理解するため、
CメジャーのKeyのツーファイブを用いて解説します。

初めに、Cメジャースケールの音を並べてみましょう。

Cメジャースケールの音並びは
「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」ですね。
英語名で言うと「C,D,E,F,G,A,B」です。

順番に1から7まで番号を振ってみます。
c-major-scale

と、こんな感じ。

ワン・ツー・スリー・フォー・・と数が振ってあります。

ここから「ツー(2)」「ファイブ(5)」を見つけてください。
すると、DGの音がそれに該当します。

そう、ツーファイブのコード進行の「ツーファイブ」とは、まさに

1〜7まで音を並べたときの、2番目と5番目のこと

なのです。ツーとファイブ、ということです。そのままですね。

ステップ2:アルファベットの後ろが大切

Cメジャースケールの音だけを使ってコードを作ると、
以下の7つのコード(=ダイアトニックコード)が完成します。

Cメジャーのkeyのダイアトニックコード

diatonic-chords

この7つのコードから2番目のコード5番目のコードを抜き出すと・・
ツーファイブのコード進行の完成です。
dm7-g7

ツーファイブのコード進行が
マイナーセブンスコードセブンスコードの組み合わせである由縁は、
こういう理由だったのです。

だからと言って、毎回メジャースケールから考えなくてもいい

とは言っても、毎回メジャースケールの音を並べて、

ワンがこの音ってことは、
ツーがこの音で、ファイブがこの音で・・

と考えるのは非常に大変です。

毎回1から調べていては、
パッと見でツーファイブ進行を見つけられるようには、
なかなかなれないかもしれません。

そこで、先ほどのツーファイブ進行の定義が大切になります。

◯m7と◯7というコードの組み合わせである
2つのコードの音名(アルファベット)が完全4度離れている

ツーファイブ練習問題

たとえば、上記のツーファイブの定義2点を頭に置いて考えると、
Am7 | D7というコード進行はどうでしょうか?
am7-d7

まずAm7とD7は「マイナーセブンスコード」と「セブンスコード」の組み合わせです。
↓↓↓
そしてAとDは完全4度離れた音程です。
(ラシドレ〜と4つ音をハミングできます)

a-and-d

↓↓ 2つ条件が揃ったということは・・

2点の条件が揃いましたので、
Am7 D7は「ツーファイブのコード進行」である!と言えます。

am7-d7-analize


慣れてくると、以上の要領で
ツーファイブ進行をパッと見で判断できるようになります。

ツーファイブ進行にはマイナー(短調)も存在する

今回お話したツーファイブ進行は
メジャー(長調)のkeyのツーファイブ進行でした。
(メジャースケールを軸に考えましたよね)

ツーファイブのコード進行には、
実はマイナー(短調)のkeyのツーファイブ進行
というものがあります。
(こちらはマイナースケールを軸に考えますが、あとは同じ要領。)

こちらは以下の記事でご紹介しています。

コメント

  1. より:

    日々平安さんへ

    初めまして香川の梶です
    お隣の県ですね私は全くのド素人
    お粗末なフルートの70才時間持て余し人です
    もしよろしければお話をお伺いしたいのですが、何かいい連絡方法はないでしょうか

    勝手を申してすみません

  2. あたたかいコメントをくださり、ありがとうございます。
    とても嬉しいです。
    ジャズギターを演奏されているんですね。
    素敵ですね!!

    フレーズの響きなど、こだわって譜面を載せていましたので、
    そのようにおっしゃっていただけて、本当に嬉しいです。

    少しでも練習のヒントになりましたら、幸いです。
    ジャズの研究を続けていきたいと思います。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  3. 日々平安 より:

    初めまして、徳島県在住の日々平安です。
    高齢になってのジャズギター勉強中です。県内は指導者が居ないので教則本やネットの日々です。
    ネットで渋谷さんのページを3日前に見つけて。枯れ葉のソロの練習を始めました。コードトーンに沿った指使いで分かりやすいし、フレーズの響きも正統派ジャズっぽくて教科書に推薦したいですね。(笑)
    まだ全部拝見していませんが、枯れ葉の2-5-1の解釈の仕方や、このページの講座は、やさしくて嬉しいです。ありがとうございます。感謝!

タイトルとURLをコピーしました