Lyd♭7thって実は簡単だった

この記事は約4分で読めます。

「Lyd♭7th Scale(リディアンフラットセブンススケール)」という言葉、
教則本を読んでいたり、レッスンを受けたりすると、繰り返し聞く言葉ですよね。

でも、いまいち頭がゴチャゴチャ、というか、
アドリブにどうやって使うんだ?、というイメージですよね。

今日は、

実はLyd♭7th Scaleって、とても簡単で便利なんだ!

ということをご紹介させていただきます。

▼リディアンフラットセブンススケールの解説動画

リディアン・フラットセブンス・スケール A-019 | ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー A-019 リディアン・フラットセブンス・スケール についての解説動画です。リディアン・フラットセブンス・スケールは、2度セブンスコード(Cメジャーの曲の場合、D7)、(#11)のテンションが指定されている7thコード、解決していないツーファイブにぴったりサウンドするスケールです。
リディアン・フラットセブンスを使いこなす練習法 C-034 | ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
リディアンフラットセブンスのフレーズを、 アドリブで自由に活用できるようになった練習法・考え方をお話しします。 まずは理論のおさらいからです。 しかし、この理論を知ってもアドリブに結びつかない、というのが正直なところだと思います。 アドリブで自由に活用できるようになった練習法・考え方をお話しします。

どんなときにLyd♭7thはサウンドする?

Lyd♭7thスケールというのは万能です。

おもに

■解決していないツーファイブ
■#11thのテンションが指定されている7thコード
■Ⅱ7(Cメジャーのキーの曲のとき、D7がⅡ7)

のコード上で、使うとサウンドするスケールです。

解決するツーファイブ進行で使っても大丈夫です。

アボイドノートがなく当たり障りなく使うことができ、非常に便利なスケールです。

Lyd♭7th=メロディックマイナー

Lyd♭7th スケールというのは、
始まる音は違いますが、メロディックマイナースケールと全く同じ音使いで出来ています。
lydb7th-3

C7 Lyd♭7th スケール = G メロディックマイナースケール

です。

マイナー・スケールには3種類ある A-012 | ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
マイナースケールには ■ナチュラルマイナー・スケール ■ハーモニックマイナー・スケール ■メロディックマイナー・スケール と、3種類のスケールがあります。 基本となるのはナチュラルマイナースケールです。 Aナチュラルマイナー・スケールはCメジャースケールと同じ音遣いになっています。
リディアン・フラットセブンス・スケール A-019 | ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー A-019 リディアン・フラットセブンス・スケール についての解説動画です。リディアン・フラットセブンス・スケールは、2度セブンスコード(Cメジャーの曲の場合、D7)、(#11)のテンションが指定されている7thコード、解決していないツーファイブにぴったりサウンドするスケールです。

ややこしいときのオススメな覚え方

C7 Lyd♭7th Scaleは、G Melodic minor Scaleと同じ音で・・・あれ?

と混乱してしまうときのオススメの考え方は、

ツーファイブのペアを考えること

です。

たとえば
「C7 Lyd♭7スケールって、なにメロディックマイナースケールなんだっけ?」と思い出したいとき。

ツーファイブのペアを考える。
C7のツーファイブのペアは「Gm7」。

Gm7のルートから「Gメロディックマイナースケール」を連想する。
「Gメロディックマイナースケール」=「C7 Lyd♭7スケール」と導ける。

Gのマイナートニックフレーズを演奏すれば「C7 Lyd♭7スケール」を演奏しているのと同じことになる。
イメージ画像

lydb7th-2

どこでLyd♭7thのフレーズを集められるの?

こうなると、フレーズの集め方が気になってきますよね。

ここでわざわざ「Lyd♭7th用のフレーズ」という風に
ゼロからフレーズを集めてしまうと、
時間もかかり、覚える労力もかかり、非常にもったいないです。
Lyd♭7thスケールはメロディックマイナースケールと全く同じ音使いなので、「マイナートニック」のフレーズを、そっくりそのまま、使い回すことをオススメします。
※一般的にマイナートニックフレーズは、メロディックマイナースケールからできているからです。

じゃあそのマイナートニックのフレーズってどんなの?

マイナーのツーファイブワンの「ワン」の部分が、「マイナートニック=メロディックマイナー」のフレーズです。

それぞれ2小節目のフレーズがマイナートニックフレーズと呼ばれています。lydb7th-リライト

こちらの記事でマイナートニックについて詳しくご紹介しております。

マイナーに解決する時の演奏法 〜マイナートニック・フレーズ〜 A-028 | ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー A-028 マイナーに解決する時の演奏法 〜マイナートニック・フレーズ〜 の解説動画です。今回は「ツーファイブ・フレーズ」と同じくらい、ジャズのアドリブには欠かせない要素を学んでゆきます。解説動画では、実際のアドリブ音源と譜面を用いて、基礎的なアドリブ法をご紹介します。
マイナーセブンス・コードが2小節続く時のアドリブ法 〜マイナートニック・フレーズ編〜 B-030 | ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
マイナーセブンス・コード、もしくはマイナー・コードが2小節以上続く時、アドリブの仕方に困りませんか? マイナー・コードが2小節以上続く時は、マイナートニック・フレーズで演奏することができます。 マイナートニック・フレーズというと、マイナー・ツーファイブ進行の解決先で演奏されるフレーズというイメージですが・・

こう考えてもOK

「Lyd♭7th スケール」とかまどろっこしいことを考えずに「初めからマイナートニックフレーズがこんなときに使える!」と覚えておけば良いと思います。

理論的には、Lyd♭7thスケールを使っているのと同じことだ、と頭の片隅に置いておけばOKです。

図説 マイナートニックフレーズはこういうときに使える

lydb7th-4
↑これが結果的にLyd♭7thスケールになっている、ということです。

わざわざLyd♭7thスケールを使う意味は?

わざわざこんな難しそうなスケールからできたフレーズを使うメリットはなんでしょうか?

■解決していないツーファイブ進行での手数を増やせるから
■#11th以外のテンションが指定されている7thコードでは、Lyd♭7thスケールを使えば自ずと「#11th」の音を通るため、そのコードらしさが出るから
■Ⅱ7コードでは「#11th」のテンションが非常にかっこよくサウンドするが、「#11th」が含まれるそLyd♭7thスケールなら、それを手早く叶えてくれるから

だと思います。私的にはコード感を出したいときに使うイメージです。

気負わずに、余裕が出たときに試してみると楽しいサウンドだと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました