ツーファイブフレーズ一覧

Ebm7 Ab7のツーファイブフレーズ厳選5種

難しいKeyだけどよく出る というようなツーファイブフレーズは、 いつまでも苦手意識があるともったいないです!フレーズに対して、自分でなにか意味づけをしてやる と長期間覚えていられたり、 アドリブ中でも冷静に思い出すことができたり、良いことがあります。

記事を読む

ディミニッシュスケールのフレーズ

そのオススメの理由は以下の4点です。 ■8つのツーファイブで共通して同じフレーズ/スケールが使える (1つ覚えるだけで、色々な箇所で使える!) ■楽器の特性に合う音域に合わせて、スケールパターンを使用することができる ■少しトリッキーなサウンドにすることができる ■同じ音使いでリズムを変えれば、それだけで手数が増える

記事を読む

ビバップスケールについて

今回はBebop Scale(ビバップスケール)の特徴とフレーズ例です。 ビバップスケールは、ツーファイブの間中、演奏することができます。ただルートのDの音から下がってくるだけでは面白くありませんので、 少し工夫されたフレーズをご紹介いたします。

記事を読む

1小節のマイナーツーファイブフレーズ例&活用方法

今回は1小節の短いマイナーツーファイブフレーズ例です。1小節のマイナーツーファイブのフレーズ=ドミナントのフレーズです。ターンバックのコード進行上でも使えます。

記事を読む

マイナーツーファイブフレーズ2

今回は、その他のオススメフレーズについて紹介させていただきます。 音源と譜面でご紹介します。

記事を読む

マイナーツーファイブフレーズ1

今回はマイナーのツーファイブフレーズの例と、その使い方、解説です。マイナーツーファイブフレーズを覚える前に、 この「7thフレーズ」というものを4パターンほど演奏してみる と、マイナーツーファイブを覚えるのは楽勝かもしれません。

記事を読む

フレーズ同士をうまくつなげる〜その1〜

「フレーズ同士が繋がらない」 「不自然な繋がり方になってしまう」 というお悩み、ありませんか。 今回は、そのお悩みをなくすためのコツをご紹介させていただきたいと思います。

記事を読む

ツーファイブは12keyで練習せず、聴き映えしやすい音域で

私のアドリブ練習方法では、ツーファイブは移調せず、そのKeyに対して1つか2つをストックすることをおすすめしています。各Keyごとにお気に入りのフレーズを持つことで、自然とワンコーラスでさまざまなツーファイブを吹くことに繋がります。

記事を読む

メジャーセブンス攻略その1

メジャーセブンスコードって、 何を吹いたら良いのか分からない・・・。この悩み、皆さん共通して持っているものみたいです。メジャーセブンスが得意になれるような私なりの攻略法を、 ひとつずつ紹介させていただきたいと思います。

記事を読む

重要:裏コードの注意点

裏コードのツーファイブフレーズですが、ちゃんとワンに解決しているものに限り使うことができます。

記事を読む

マンネリ打破「裏コードサウンド」

アドリブに意外性、また、ぐっとくるサウンドを取り入れるためにも、 裏コードを学ぶことは重要です。裏コードというのは、音楽理論用語では 「Substitude-Dominant-Chord(代理ドミナントコード)」と言います。

記事を読む

Sponsored Links