ジャズ理論基礎一覧

ビバップスケールについて

このように、解決していないツーファイブにも使用することができます。そのペアとなる2度マイナーセブンスコードでも使うことができます。

記事を読む

ディミニッシュスケールについて

ディミニッシュスケールとコンビネーションオブディミニッシュスケールは、 始まる音は違うのですが、同じ音使いのスケールです。

記事を読む

移調の練習〜ちょっと難しい編〜

気に入ったフレーズを他のKeyに移調するときにも、 今回のような考え方で移調するとやりやすいです。 ・なんのKeyからなんのKeyに移調したいのか ・何度離れたKeyに移調したいのか をまずは確認することで、 フラットやシャープを付ける位置が明確になってきます。

記事を読む

移調のコツ〜簡単レベル編〜

レッスンでいただくご質問のなかで、 移調の仕方に関するご質問が多かったので、 ちょっとしたコツをご紹介いたします。

記事を読む

裏コードを使うタイミング

ツーファイブフレーズは、 優等生と不良(またはちょい不良)の2種類 に分類できることは分かりました。 では、実際のコード進行ではどのように使い分ければ良いのでしょうか?

記事を読む

7thコードについてのちょっとした補足

これらのスケール全てをごちゃ混ぜにして、 演奏して良い、というわけではありません。 状況によって、使い分ける必要があるんです。

記事を読む

ブルースから学ぶ「7thコード」の外せないポイント

7thコードは、 状況によってさまざまなスケールが使えます。ですが実は、どんなときでも絶対に外してはいけないポイント、があるんです。

記事を読む

Lydb7thって実は簡単だった

「lydb7th Scale(リディアンフラットセブンススケール)」という言葉、 教則本を読んでいたり、レッスンを受けたりすると、繰り返し聞く言葉ですよね。 でも、いまいち頭がゴチャゴチャ、というか、 アドリブにどうやって使うんだ?、というイメージですよね。

記事を読む

困るコード進行シリーズ

困りますよね、次の小節は半音下のツーファイブであるGm7 | C7です。 困るというよりも、なにか裏コード的な意味があるのかな?とか 考えているうちに頭がグルグル・・・眠くなってきます。 ここはアナライズすると、このようになります。

記事を読む

テンションOKな場所の簡単な見極め方

スタンダード曲のアドリブを練習するとき、 ちゃんとコードに合ったフレーズを演奏しているはずなのに、 なんだかしっくりこない・・というようなこと、ありませんか? しっくりこない原因は、コード進行上のルールを無視して テンションを使っているからかもしれません。

記事を読む

Sponsored Links