ジャズ理論基礎

ジャズ理論基礎

アドリブに必要なフレーズ完全版〜仕分け方〜

アドリブというのは、同じコード進行に対して演奏できる選択肢を増やすこと なので、アドリブをサウンドさせるためにも(=音を外さないためにも) 仕入れたフレーズを"使える場所ごとに仕分けて覚える" ということが、アドリブへの近道となります...
ジャズ理論基礎

ドリアン・ミクソリディアンの話

ドリアン-ミクソリディアンのツーファイブフレーズの強みは、 ツーファイブ進行が解決していても解決していなくても、どちらの場合でも使える というところです。 7thコード上で♭9thや♭13thなどのテンションが使われていないため、どちらの場合でも使うことができるんです。
ジャズ理論基礎

イオニアン・ドリアンを最初に勉強しない方が良い理由-後編-

7種の教会旋法のなかで、私が実際にアドリブに役立てているのは ■ドリアンスケール ■ミクソリディアンスケール これら2種類だけです。フレーズを仕分けるのに使うだけではなく、新しく取り掛かる曲のコード進行を見たときにアドリブの作戦を練るのにも、教会旋法の知識をすこし使います。
ジャズ理論基礎

イオニアン・ドリアンを最初に勉強しない方が良い理由-前編-

教則本でイオニアンスケールなどについて書かれるとき、"スケールの音列"にスポットがいきがちです。 それを読んで 「なるほどイオニアンスケールの音を適当に並べて演奏すればアドリブになるんだな」 というのは間違っています。
ジャズ理論基礎

マイナービバップスケールについて

ビバップスケールにもメジャーとマイナーが存在し、 マイナーツーファイブ進行にはマイナーのビバップスケールがサウンドします。
ジャズ理論基礎

ツーファイブと勘違いしているかも・・なコード進行

完全4度離れていても、 「D7 | G7」や「Dm7 | Gm7」など同じコードの組み合わせのことはツーファイブ進行とは呼びません。
ジャズ理論基礎

メジャーセブンスのフレーズ

ツーファイブとメジャーセブンスフレーズは分けて覚えておいて、自分で自在に「あのフレーズとこのフレーズを今回はくっつけよう」という風にフレージングを選べる方が少ないフレーズ数でも、組み合わせ次第で様々なバリエーションを持つことができます!
ジャズ理論基礎

ジャズのブルースのコード進行の解釈

ブルースは1小節目から「7thコード」が出てくるので 混乱してしまいますが、 ブルースに出てくる「7thコード」は、普通の曲の「7thコード」とは少し意味合いが違う というのがポイントです。
ジャズ理論基礎

ビバップスケールについて

今回はBebop Scale(ビバップスケール)の特徴とフレーズ例です。 ビバップスケールは、ツーファイブの間中、演奏することができます。ただルートのDの音から下がってくるだけでは面白くありませんので、 少し工夫されたフレーズをご紹介いたします。
ジャズ理論基礎

ディミニッシュスケールについて(最新版)

音の始まるところが違うだけで、その2つのスケールは全く同じ音並びです。
ジャズ理論基礎

ツーファイブの用語説明(短い記事)

「ツーファイブワン」についてのシンプルな説明を書いてみました。
ジャズ理論基礎

リディアンb7thスケールについて

今日から記事の最後に、日記的なおまけを付けてみることにしました。
ジャズ理論基礎

ツーファイブのメジャーとマイナーについて

Cハーモニックマイナーを G7で使うと、 Gハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウというスーパーかっちょええ名前になります。
ジャズ理論基礎

ディミニッシュスケールについて

ディミニッシュスケールとコンビネーションオブディミニッシュスケールは、 始まる音は違うのですが、同じ音使いのスケールです。
ジャズ理論基礎

移調の練習〜ちょっと難しい編〜

気に入ったフレーズを他のKeyに移調するときにも、 今回のような考え方で移調するとやりやすいです。 ・なんのKeyからなんのKeyに移調したいのか ・何度離れたKeyに移調したいのか をまずは確認することで、 フラットやシャープを付ける位置が明確になってきます。
ジャズ理論基礎

移調のコツ〜簡単レベル編〜

レッスンでいただくご質問のなかで、 移調の仕方に関するご質問が多かったので、 ちょっとしたコツをご紹介いたします。
ジャズ理論基礎

裏コードを使うタイミング

ツーファイブフレーズは、 優等生と不良(またはちょい不良)の2種類 に分類できることは分かりました。 では、実際のコード進行ではどのように使い分ければ良いのでしょうか?
ジャズ理論基礎

7thコードについてのちょっとした補足

これらのスケール全てをごちゃ混ぜにして、 演奏して良い、というわけではありません。 状況によって、使い分ける必要があるんです。
ジャズ理論基礎

ブルースから学ぶ「7thコード」の外せないポイント

7thコードは、 状況によってさまざまなスケールが使えます。ですが実は、どんなときでも絶対に外してはいけないポイント、があるんです。
ジャズ理論基礎

Lydb7thって実は簡単だった

「lydb7th Scale(リディアンフラットセブンススケール)」という言葉、 教則本を読んでいたり、レッスンを受けたりすると、繰り返し聞く言葉ですよね。 でも、いまいち頭がゴチャゴチャ、というか、 アドリブにどうやって使うんだ?、というイメージですよね。
スポンサーリンク
Nanako Shibuyaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました