ジャズスタンダード練習法一覧

Waveのコード進行を分かりやすく

Waveのコード進行は少し複雑ですが、 ちょこっとアナライズをするだけで、かなりアドリブしやすくなります。

記事を読む

Star Eyesの最後の段(アドリブフレーズ例付き)

一見すごく難しそうなコード進行ですが・・ 実はアドリブしやすいコード進行でもあります! なので、苦手意識をなくしてしまいましょう♪

記事を読む

転調の多い曲のアドリブのコツ

まず、この曲には6つのKeyのツーファイブ進行が登場しますが、  こういった転調の多い曲を練習するときのポイントがあります。 より多く出てくるKeyのツーファイブ進行から練習していくことで、 曲の多くを占める部分をクリアできる、ということになるので、効率が良いです。

記事を読む

Joy Springのアドリブ演奏法

今日はJoy Springのコード進行アナライズについてです。Bb管・Eb管に移調したコード譜も後半に出てきますので、参考にしていただけましたら嬉しいです。

記事を読む

バラードのアドリブのコツ

バラードのテンポでいつものツーファイブフレーズやドミナントフレーズを使うと、16分音符で演奏した場合、尺が足りない8分音符で演奏した場合、間延びしてしまうという問題が出てくることがあると思います。

記事を読む

Stella by starlightのアドリブ練習法

どんな曲にも使えるアドリブ練習法ですので、ぜひマスターしてください♪ ツーファイブのコード進行が出てきたら、 ツーファイブフレーズを演奏し、着地させる というシンプルな基準を守ることで、 聴いていて安心できるソロになります。

記事を読む

On green dolphin streetのアドリブ攻略ポイント

こちらの元のコード進行から、分かりやすいコード進行に解釈を変えます。 ■最初の2小節は分数コードになっているが、分母は無視 ■4和音から3和音にしてしまう ■4小節目のC7は、次のコードが「Fm7」と4度進行しているので、 「Gm7b5 C7」というマイナーツーファイブと解釈する

記事を読む

ジャズスタンダード7曲のアドリブのコツ

Take the A trainのコード進行で何度も出てくる「D7」というコードは、 曲のKey(この曲はCメジャー)から数えて「2度セブンスコード」なので、注意が必要です。

記事を読む

ど定番ジャズスタンダード曲とは

ジャズスタンダードを最初にどんどん練習する、というのは理にかなっているなぁと思いました。いろいろなコード進行のパターンを学べたり、 色々なkey(ツーファイブでもトニックでも)を学ぶことができます。

記事を読む

Confirmationのちょっとしたコツ

始めの1小節を演奏すれば、あと7小節は自動で演奏できる というような、自動演奏モードを作っておきます。

記事を読む

All of meのコード解釈

ツーファイブの想定の仕方のコツは、 7thコードが、何のコードに4度進行しているか、を見つける ことです。

記事を読む

Yardbird Suiteのアドリブ方法

Yardbird Suiteは、課題曲になることが多いようで、 よく生徒さん方から、アドリブ方法についてご質問をいただくことが多いです。 今回は、Yardbird Suiteのコード進行の解釈やアドリブ方法を記事にします。

記事を読む

渡辺貞夫さんから学ぶバラードのアドリブ

Youtubeに最近「Everything happens to me」をアップしましたので、 今回はその曲を題材に、「バラードの私なりの練習方法」について、記事にします。

記事を読む

酒バラのアドリブ方法

今回のジャズスタンダードのアドリブ方法は、 酒バラ(Days of wine and roses)です。

記事を読む

Blue Bossaのアドリブ方法

とくに、この曲のように、1コーラスが短くて、 何度も同じツーファイブが出てくる場合、 毎回アプローチを変えてやると、 ツーファイブを沢山覚えなくて済むので、結構楽で、かっこよくできます。

記事を読む

7thコードが続くとき(チュニジア編1)

7thコード1発のアドリブって、 ビッグバンドのソロでもたまに出てきたり、 ラテンの曲でも、結構多いですよね。 今回は、7thコードが続いたときの、 アドリブのアイデアをご紹介させていただきます。

記事を読む

Sponsored Links