ジャズ練習のコツ一覧

効率良い練習には、並行練習がオススメ

数曲を一気に練習するメリットもたくさんありますので、 1曲しか練習していない、という方も参考にしていただけましたら嬉しいです。

記事を読む

難しいKeyを練習するときのコツ

何度演奏してもしっくりこなかったり、 サウンドしていない気がしたり、 どんなフレーズなのか、 フレーズ集やコピー集の譜面からでは想像しにくい、 ということがあると思います。

記事を読む

フレーズ同士をうまくつなげる〜その1〜

「フレーズ同士が繋がらない」 「不自然な繋がり方になってしまう」 というお悩み、ありませんか。 今回は、そのお悩みをなくすためのコツをご紹介させていただきたいと思います。

記事を読む

新曲では、フレーズを間引く

「できるから」といって、知っているコード進行のところを演奏せず、 まずは、「ここに、このフレーズを必ず入れるんだ」としっかり意思を持って 練習すると、成長のスピードがどんどん速くなっていきます。

記事を読む

コピーした後にやるべきこと

いくら自分で苦労して書いたコピー譜面だとしても、 譜面を見ていきなり、 このフレーズはかっこいいし、使えるんじゃない!? ということは、すぐには分からないものです。

記事を読む

難曲はノータッチor保留で

得意な曲と苦手なタイプの曲には、 必ず共通項があります。 「この曲のここって、あれに似てるかも。あれに使えるかも。」 という発見が、色々な曲に触れているうちに、得られます。

記事を読む

各練習方法とその効果

アドリブの練習法は色々ありますが、どこにどれくらい時間を割くことが今の自分に必要なのか、 ちゃんと知っておくことで、効率よく成長することができます。

記事を読む

奇抜なことをやろうとしない

アウトを学ぶには、まずインサイドから、というのはよく言われていますが、 本当にその通りだな、と今になって思います。 アウトしているフレーズは、 単発で使えば、ただ音を外している人になってしまうからです。

記事を読む

書き譜とアドリブの違い

なぜ「これでは書き譜とやっていることが変わらないじゃないか・・」と 感じてしまうのか、という理由を考えてみました。コードネームに関係なく、 演奏するフレーズを「順番」で覚えてしまっている からだと思います。

記事を読む

ソロ/フレーズがパッとしないときの対処法

フレーズ集のフレーズを演奏しても「なにかパッとしない」 というのには理由があります。 それは 音の意味を理解して演奏できているかいないか という所です。

記事を読む

Sponsored Links