効率良いジャズ練習のコツ一覧

ジャムセッションが怖くなる&上達を妨げる練習

ジャムセッションで最も敵となる「上手くできなければ終わり=完璧主義」のメンタルがどんどん剥がれていきます。なぜなら「難しいことを完璧にできることなんて永遠にありえない」ということを、新曲に沢山触れていくうちに知ることができるからです。

記事を読む

使いまわさないうちは、書き譜と同じ

コードとフレーズが結びついた後であれば、 いくらでも他に新しいフレーズを覚えていくことができるので、 最初は欲張らず、どの曲でも、同じコードには同じフレーズを、 演奏するよう心がけましょう。

記事を読む

効率良い練習には、並行練習がオススメ

数曲を一気に練習するメリットもたくさんありますので、 1曲しか練習していない、という方も参考にしていただけましたら嬉しいです。

記事を読む

難しいKeyを練習するときのコツ

何度演奏してもしっくりこなかったり、 サウンドしていない気がしたり、 どんなフレーズなのか、 フレーズ集やコピー集の譜面からでは想像しにくい、 ということがあると思います。

記事を読む

このフレーズってかっこいいの?問題

ではその「出来合い」のフレーズをどうやって サウンドさせるか・お気に入りのフレーズに変えていくのか、 私なりのアイデアはこのような感じです。

記事を読む

新曲では、フレーズを間引く

「できるから」といって、知っているコード進行のところを演奏せず、 まずは、「ここに、このフレーズを必ず入れるんだ」としっかり意思を持って 練習すると、成長のスピードがどんどん速くなっていきます。

記事を読む

コピーした後にやるべきこと

いくら自分で苦労して書いたコピー譜面だとしても、 譜面を見ていきなり、 このフレーズはかっこいいし、使えるんじゃない!? ということは、すぐには分からないものです。

記事を読む

各練習方法とその効果

アドリブの練習法は色々ありますが、どこにどれくらい時間を割くことが今の自分に必要なのか、 ちゃんと知っておくことで、効率よく成長することができます。

記事を読む

奇抜なことをやろうとしない

アウトを学ぶには、まずインサイドから、というのはよく言われていますが、 本当にその通りだな、と今になって思います。 アウトしているフレーズは、 単発で使えば、ただ音を外している人になってしまうからです。

記事を読む

ソロ/フレーズがパッとしないときの対処法

フレーズ集のフレーズを演奏しても「なにかパッとしない」 というのには理由があります。 それは 音の意味を理解して演奏できているかいないか という所です。

記事を読む

新年からアドリブやったるぞ!と決意した方へ

真面目な方ほど、持っているフレーズ全ての端から端までアドリブに活かさないと!! と、力んでしまいがちです。 なのですが・・・ まずは 「必要なフレーズのみ」 「最低限使うフレーズのみ」 をマスターするようにしてみてください。

記事を読む

必殺技を持とう〜導入編〜

この曲で、必ずこの必殺技を使う!と自分で1つフレーズを決めておくことで、 どの曲をやっても同じフレーズ、ではなく、 曲ごとに「そうきたかー!やるなー!」という展開を作ることができます。

記事を読む

「コピーしたソロ」を自分のソロに取り入れるには

アドリブをコピーしたときに、 それを丸暗記しても、違うコード進行の曲に活かすことはできませんし、 覚えるのも大変です。 まずは、アドリブソロを、2小節単位のパーツに分けて、 ストックすることをオススメしています。

記事を読む

今私がリアルに練習していること

今回は、今わたしがリアルに取り組んでいる練習の内容を 書いていきたいと思います。 具体的にどんな風に練習しているのか、というのが 少しでも参考になりましたら、嬉しいです。

記事を読む

フレーズの覚え方

フレーズって、なかなか覚えるのは難しいですよね。 ですが、1回覚えるコツをつかんでしまえば、どんどん覚えやすくなります。何か少しの変化が必要かもしれません。

記事を読む

フレーズがしっくりこない

自分のお気に入りのフレーズだと、 何度同じフレーズを使っても、人には「またか」と思われないんです。 「かっこよさ」が伝わっているから。 「自分が良いと思った理由」が伝わっているから。 自分のお気に入りのフレーズだけでアドリブができたら、 自信を持ってアドリブができるんです。

記事を読む

Sponsored Links