効率良いジャズ練習のコツ

効率良いジャズ練習のコツ

緊張していても、正確にアドリブを繋げるには

この現象は、覚えたフレーズを丸暗記"のみ"で使おうとするときに起きる現象だと思います。 緊張していても、集中が途切れていても、 無理なく繋げられるように、自分らしいストーリー展開を考える、ということが重要です。また、このシミュレーションはバッキング無しで行うことが重要です。
効率良いジャズ練習のコツ

フレーズの音域が合わないときは?

使えそうなフレーズをコピーしても、 音域が合わなくて使えないんです・・というお悩みを、トランペッターの方やボーカリストの方からよくご相談いただきます。単純に、解決方法は2点です。
効率良いジャズ練習のコツ

フレーズ集の効果を倍増させる方法とは?

覚えたフレーズを初めの1曲のみに使っている間は、 「枯葉用のフレーズ、All of meで使えるフレーズ」 というような認識になっていることが多い(これはよくない!) ↓ コードとフレーズが頭の中で結びついていないため、他の曲に移った際に、 「コードを見ただけではアドリブができず、その曲のためのフレーズを再度集め直し、覚え直す」 という繰り返しになってしまう。
効率良いジャズ練習のコツ

効果が出ないフレーズ集の使い方は?

私が今まで練習してきた中で、 フレーズ集と、現在練習している曲のコード進行と、を見比べて 該当するフレーズをとりあえず当てはめるだけ という練習は、やる意味があまり無かったなあ、と感じます。
効率良いジャズ練習のコツ

フレーズを当てはめると書きソロのようになってしまう

それぞれの選択肢は使い回しが効く、ということは、 1つフレーズを覚えれば、他の曲でも沢山そのフレーズを活用することができる ↓ たくさんのフレーズを無限に覚え続けなくて良い ということです。
効率良いジャズ練習のコツ

コードトーンアルペジオはジャズのアドリブに効果があるのか?

「コードトーンアルペジオはアドリブに効果があるのか?」という問いに対して、 私は「とても効果がある」と思っています。 しかし、コードトーンアルペジオの練習「だけ」をおこなっていても、 「アドリブでフレーズが湧いてくる」というような直接的効果は 期待できないと思います。
効率良いジャズ練習のコツ

何からジャズのアドリブ練習を始めればいいの?パート4(最後)

せっかく覚え、使い始めたツーファイブフレーズは、 他の曲に流用して、やっと「コードとフレーズが頭の中で一致」してきます。 フレーズをすぐ忘れてしまう自分はダメなのではないか?と 責めないで大丈夫なんです!
効率良いジャズ練習のコツ

何からジャズのアドリブ練習を始めればいいの?パート3

「なにから練習したら良いのだろう?」と迷っている方の場合、 曲のサウンドを体感するためにも、集めたフレーズを試すためにも、 バッキングを使うことは悪いことではないと考えます。
効率良いジャズ練習のコツ

何からジャズのアドリブ練習を始めればいいの?パート2

前回のやることリスト(と言ってもそんなに無いですが・・)を 実行しましたら、次にやるべきことは曲のアナライズです。 曲を練習を始める前に、簡単なコード進行のアナライズが必要なんです。
効率良いジャズ練習のコツ

何からジャズのアドリブ練習を始めればいいの?パート1

レッスンなどでよく 「なにから練習するのが良いでしょうか?」とご相談いただきます。 今回は私が考える、練習の始め方をお伝えしたいと思います。
効率良いジャズ練習のコツ

iRealProをバラード練習に使うときのコツ

アドリブの練習をする際、 iRealpro(バッキングアプリ)を利用する方は多いと思います。 初期設定では、バラード曲は「Ballad Swing」というモードで 演奏されるようになっているのですが、 このモードは非常に演奏しにくいです。
効率良いジャズ練習のコツ

ジャズのコード進行を覚えるには

そのコードに対応するフレーズを演奏するまでは、 そのコードは単なる記号でしかなく、何者か分からないため、 「進行を覚えにくい」
効率良いジャズ練習のコツ

ドリアンとかイオニアンっていつ使うの?

ジャズの教則本を読むと、必ず書かれています。 「必要な知識ですか?」という質問には、絶対に「はい」と答えます。 ですがこれらは、最初に覚えなければ次に進めない、という知識ではありません。今回のドリアン・ミクソリディアンなどの用語や アベイラブルスケールなどの知識は、あくまでも 使えるフレーズの種類を特定するために用いるものです。
効率良いジャズ練習のコツ

ツーファイブはいくつ覚えるべきなのか

ただのフレーズのコピペではなくなる、ということです。「同じフレーズを、いかに工夫して様々なシチュエーションで使うか」というところが大切なのですが、これについて、、、
効率良いジャズ練習のコツ

ジャムセッションが怖くなる&上達を妨げる練習

ジャムセッションで最も敵となる「上手くできなければ終わり=完璧主義」のメンタルがどんどん剥がれていきます。なぜなら「難しいことを完璧にできることなんて永遠にありえない」ということを、新曲に沢山触れていくうちに知ることができるからです。
効率良いジャズ練習のコツ

使いまわさないうちは、書き譜と同じ

コードとフレーズが結びついた後であれば、 いくらでも他に新しいフレーズを覚えていくことができるので、 最初は欲張らず、どの曲でも、同じコードには同じフレーズを、 演奏するよう心がけましょう。
効率良いジャズ練習のコツ

効率良い練習には、並行練習がオススメ

数曲を一気に練習するメリットもたくさんありますので、 1曲しか練習していない、という方も参考にしていただけましたら嬉しいです。
効率良いジャズ練習のコツ

難しいKeyを練習するときのコツ

何度演奏してもしっくりこなかったり、 サウンドしていない気がしたり、 どんなフレーズなのか、 フレーズ集やコピー集の譜面からでは想像しにくい、 ということがあると思います。
効率良いジャズ練習のコツ

このフレーズってかっこいいの?問題

ではその「出来合い」のフレーズをどうやって サウンドさせるか・お気に入りのフレーズに変えていくのか、 私なりのアイデアはこのような感じです。
効率良いジャズ練習のコツ

新曲では、フレーズを間引く

「できるから」といって、知っているコード進行のところを演奏せず、 まずは、「ここに、このフレーズを必ず入れるんだ」としっかり意思を持って 練習すると、成長のスピードがどんどん速くなっていきます。
スポンサーリンク
Nanako Shibuyaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました