効率良いジャズ練習のコツ一覧

必殺技を持とう〜導入編〜

この曲で、必ずこの必殺技を使う!と自分で1つフレーズを決めておくことで、 どの曲をやっても同じフレーズ、ではなく、 曲ごとに「そうきたかー!やるなー!」という展開を作ることができます。

記事を読む

「コピーしたソロ」を自分のソロに取り入れるには

アドリブをコピーしたときに、 それを丸暗記しても、違うコード進行の曲に活かすことはできませんし、 覚えるのも大変です。 まずは、アドリブソロを、2小節単位のパーツに分けて、 ストックすることをオススメしています。

記事を読む

今私がリアルに練習していること

今回は、今わたしがリアルに取り組んでいる練習の内容を 書いていきたいと思います。 具体的にどんな風に練習しているのか、というのが 少しでも参考になりましたら、嬉しいです。

記事を読む

フレーズの覚え方

フレーズって、なかなか覚えるのは難しいですよね。 ですが、1回覚えるコツをつかんでしまえば、どんどん覚えやすくなります。何か少しの変化が必要かもしれません。

記事を読む

フレーズがしっくりこない

自分のお気に入りのフレーズだと、 何度同じフレーズを使っても、人には「またか」と思われないんです。 「かっこよさ」が伝わっているから。 「自分が良いと思った理由」が伝わっているから。 自分のお気に入りのフレーズだけでアドリブができたら、 自信を持ってアドリブができるんです。

記事を読む

1曲アドリブを仕上げる手順

とりあえず1曲最初から最後まで仕上げてみようとすると、 苦手なKeyのツーファイブも、苦手な進行も、覚えざるを得なくなります。 うまく吹けないところも、どうにかフレーズを引っ張ってきたり、 違う解釈を生み出したり、つじつまを合わせようとすることで、 自分の中のスタンダードや、指癖が決まってくるのかなと思います。

記事を読む

ツーファイブとワンは分けて考えよう

実は、「ツーファイブワン」とまとまったブロックで覚えるよりも、 「ツーファイブ」と「ワン」は分けて覚えるようにした方が応用性が高いのです。トニックのフレーズを少し多めに持っておくと、 ・1つのツーファイブからの行き先が増える ・メジャーセブンスコードが続くようなコード進行でもビビらない というメリットがあります。

記事を読む

良いソロを簡単に思いついてしまう方法

アドリブの練習をするときに、 良いアドリブをとれる確率が高い練習法があります。テーマを演奏することで、 「頭の中にその曲の感じ」というのが少なからず出てくるものです。 この曲のこんな響きがグッとくる というその気持ちが明確でなければ、良いアドリブも思いつきにくいものです。

記事を読む

練習結果に差がつくアドリブ必勝法

1曲決めたら、その曲を演奏している偉人たちを5〜10人くらい聴き比べましょう。吹きたい、と思う原因になったフレーズであったり、音であったり、 メロディの歌い方であったり、 そこだけは絶対に外さないようにしてその曲を仕上げるようにする

記事を読む

新しいフレーズは1曲につき1個出せれば合格

「新しいフレーズを覚えたり、練習したりしても、 いざ曲で吹こうとすると、全く出てきません・・」私も学生時代、「どうしたものか」と何年間か悩んだ問題です。フレーズをひとつひとつ自分のモノにして、確実に前に進んでいくために、 私はこのようにルールを決めています。

記事を読む

Sponsored Links