ジャズアドリブセミナーは、新型コロナウイルス対策のため、当面の間、開催を見合わせております。

フレーズの音域が合わないときは?

この記事は約2分で読めます。

使えそうなフレーズをコピーしても、
音域が合わなくて使えないんです・・

というお悩みを、トランペッターの方やボーカリストの方からよくご相談いただきます。

サックスやピアノやフルートは、比較的誰でも広い音域を演奏できるので、
その点では悩まなくて済むこともあるかもしれません。

使えそうなフレーズの音域が合わないときは?

単純に、解決方法は2点です。

■フレーズの音域を1オクターブ UP↑ or Down↓させる
■音域的にきつい場所から、違うフレーズに少し改造する

この2点でやってみて「それでもキツいな」というときは、
→そのフレーズは使わない、もしくは違うkeyのときに使うというようにすると良いと思います。

「違うフレーズに改造する」というのは、完全に自己流アレンジしてしまうのではなく、
そのkeyにおいての「他の手持ちフレーズ」に繋げる、という解釈です。

そのためにはいくつかフレーズを知っている必要があるので、
難しい場合は改造もしない方向で大丈夫です。オクターブの上げ下げのみ!

耳コピは、自分の楽器以外もオススメ

それと、耳コピするのであれば、他の楽器の耳コピをすることもオススメです。

アルトサックスを演奏してるからといって、アルトサックスの人のフレーズしか使ってはいけない、ということはもちろんありません。

素敵だな、と思えば、管楽器の人がピアノやギターのフレーズを使っても、もちろんOKです!逆も然り。

とにかく自分の好きなフレージングのアーティストを耳コピして、
コピーしたフレーズはどんどん使ってみると、素敵なアドリブに繋がります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました