ジャムセッションのコツ

ジャムセッションのコツ

4barsで焦らないコツ

ジャムセッションに恐れを感じる理由の1つに、「4bars」で訳が分からなくなりそうというのがあると思います。
ジャムセッションのコツ

マイナスワンではアドリブできるが本番はダメ、という方へ

マイナスワンでソロがとれるけれど、 本番の舞台や、人と合わせる(バンド練・セッション)と うまくアドリブできない・・ というお悩みを持つ方は多いようです。 今回は、私なりの対処法をいくつか書いていきたいと思います。
ジャムセッションのコツ

本番でコード進行に置いて行かれない方法

セッションなどの本番ではパニックになってしまい、 コード進行に付いていくことが難しくなります。アドリブ演奏中にコード進行に置いて行かれないためには、 コード進行のアナライズが欠かせない ということになります。
ジャムセッションのコツ

書き譜とアドリブの違い

なぜ「これでは書き譜とやっていることが変わらないじゃないか・・」と 感じてしまうのか、という理由を考えてみました。コードネームに関係なく、 演奏するフレーズを「順番」で覚えてしまっている からだと思います。
ジャムセッションのコツ

テーマが決まらないときの対処法

「どこでこの技を使うか」につきましては、特にルールがあるわけではありません。 自分でここだ!と思うタイミングで入れてみて、 かっこよかったら採用、ちょっと変であったら不採用 という風に決めるのが良いと思います。
ジャムセッションのコツ

ロストしてしまう方への解決策

ロストしてしまうのをなんとかしたい方への記事、 第3弾です。 第1段・2段はこちら 新しいYoutube動画をアップしましたので、 観ていただけましたら嬉しいです。 チャンネル登録もしていただけましたら、もっと嬉しくて、 ...
ジャムセッションのコツ

ベースを聴け!は難しすぎる

ベースを聴くというのは、とてもハードでレベルの高いことだと思います。 ベースだけを聴こう、とすると、かなり難しいので、 まずは「ドラムを気にすること」をオススメします。
ジャムセッションのコツ

ロストしてしまうのをなんとかしたい

一生懸命小節数を数えたり、コード名を思い出したりせず、 「あ、いまこの辺かな〜」 と、なんとなーく自分の現在地をとらえられるようになると、楽です。
ジャムセッションのコツ

なんか素人っぽいよね、の原因

・フレーズがうまく出てこないとき ・コードチェンジが激しくて、ついていけないとき ・とりあえず何か演奏しないと、と思ってしまうとき 結構やってしまいがちなんです。
ジャムセッションのコツ

聴いても何のコードか分かりません

「バッキングを聴いても、なんのコードが演奏されているか分かりません。 これでもアドリブできるんでしょうか?」 という質問をよくいただきます。 コードが聞き取れなくてもアドリブできる理由
ジャムセッションのコツ

何度も同じフレーズが出て来てしまう・・

フレーズを覚えて、バッキングに合わせてアドリブの練習をしていると、同じところで、何度も同じフレーズを使ってしまう・・ということはよくありますよね。実はこれ、そんなに「悪いこと」というわけではないんです。
ジャムセッションのコツ

アドリブ中の頭の中を大公開

コード進行を全部覚えて、 何も見ないでアドリブするなんて、 一体なにを考えながらみんなアドリブしてるんだろう? アドリブを始めて最初のうちは、本当に疑問ですよね。今回は、実際に演奏しながら出てくる私のイメージがどんなものなのか、を 紹介させていただきたいと思います。
ジャムセッションのコツ

自分はいま何小節目・何拍目にいるのか?

自分が何拍目にいるか分からない、何小節目にいるか分からない という悩みをお持ちの方は多いと思います。 コードに対して正しいフレーズを吹くためにも、 自分がどこにいるのか、ということは非常に大切です。 では具体的にどうやって訓練していけば良いのかをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました