書き譜とアドリブの違い

私は、アドリブの練習では「必ずストックしたフレーズを使う」ということを
オススメしているのですが、
この方法で練習していると、以下のような疑問にぶつかることが多いです。

「使うフレーズを決めてしまうと、
書き譜みたいになってしまって、アドリブという感じではなくなるんです」

私も何年間か、これってどうしたものか、と悩んでいたことでした。

なぜ書き譜のように感じてしまうのか

なぜ「これでは書き譜とやっていることが変わらないじゃないか・・」
感じてしまうのか、という理由を考えてみました。

それは

「これを演奏したら次はこれ」
「最後の段はこれ」
「アドリブの頭のフレーズはこれ」

という風に

コードネームに関係なく、
演奏するフレーズを「順番」で覚えてしまっている

からだと思います。

フレーズを、ただの順番、で覚えるのではなく、
「コードネームと結びつけて」演奏することが非常に大切です。

例えば・・

Cm7 | F7 | Bb△7というコード進行を見たときに、
「条件反射で出てくる」フレーズを増やしていく、のが解決法です。

Cm7 | F7 | Bb△7というコード進行に対して、

ツーファイブワンのフレーズを何種類も増やすことで、
アドリブの選択肢はたしかに増えるのですが、、

それは精神的に結構大変です。

実は、フレーズの増やし方にはもっと効率の良いコツがあるんです。

アドリブとは選択肢を増やすこと

Cm7 | F7 | Bb△7というコード進行に対して、
「ツーファイブワンのフレーズ」は1つだけで良いと思います。
(慣れてきましたら、もちろん、ツーファイブフレーズも増やした方が良いですよ!)

どの曲を演奏していても、

Cm7 | F7 | Bb△7というコード進行が出てきたら、
必ずそのフレーズ(毎回同じもの)を演奏する

と決めてしまいます。

そうすることで頭もスッキリしますし、自分のやっていることに一貫性が出てきます。

フレーズを増やすのであれば、ツーファイブのフレーズではなく、
他のバリエーションを増やしてみましょう。

Cm7 | F7 | Bb△7というコード進行に対して、
次はプランA、次はプランB、、という風に毎回フレーズのジャンルを変えていきます。

plan-chords

<参考記事>
ペンタトニック

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ
前回はスタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を使って、 ツーファイ...

ペンタトニック別の使い道

ファイブを消すと演奏しやすい?!パート1
以前、7thコードが続くような「ツーファイブではない」コード進行を、 自分で...

裏コード

マンネリ打破「裏コードサウンド」
アドリブに意外性、また、ぐっとくるサウンドを取り入れるためにも、 裏コードを学...

ディミニッシュスケール

たった3種類のスケールが全てのKeyに使える
ツーファイブばかりで面白みがない、ソロの色味を変えたい、 と思ったときに役に立...
1つのコード進行に対して、さまざまな選択肢があり、
その瞬間その瞬間で、どの選択肢を選ぶかというのが
アドリブです。

なぜこうすると覚えやすいのか??

なぜか、こうすることで、ツーファイブの数をひたすら増やすよりも、
遥かに簡単にフレーズを覚えることができます。

人間は、似ているものは覚えられませんが、
全く毛色の違うものは、すぐに覚えることができるからです。

クラスメイトの名前を4月に覚えるときも、
「あいつとあいつって顔が似てるんだよなー、、」と感じるときは、
なかなか名前を覚えることができませんよね。

逆に、ノッポのあの子と、ポッチャリのあの子と、可愛いあの子と、、、と
「全く違うタイプの子の名前と顔」はすぐに一致します。

Sponsored Links