ブルースのアドリブ方法論1

ブルースは、ワンコーラスがたったの12小節しかありませんが、
そのアドリブ方法・考え方は無限だと思います。

今日は数あるブルースのアドリブ方法の中でも、
簡単に「内容の濃い」ブルースソロをとれる方法をお伝えさせていただきたいと思います。

ブルースソロはペンタだけじゃない

ブルースソロを内容の濃いものにする、簡単な方法、それは、

ツーファイブを想定する

ことです。

ツーファイブを想定する方法につきましては、
以前に

「マイナーセブンスコードが4小節続いたときの対処法」

マイナーセブンスが4小節続いたときの対処法
前回は、メジャーセブンスが4小節続いたときの対処法についてで...

「メジャーセブンスコードが4小節続いたときの対処法」

メジャーセブンスが4小節続いたときの対処法
メジャーセブンスが4小節続くようなコード進行って、 か...

「ツーファイブではないコード進行のときの対処法」

ツーファイブじゃないところのコードの処理
ツーファイブとトニックに分けてフレーズを覚えて、なんていうけ...

でお伝えしたことがあります。

今回は同じ方法を、ブルースのコード進行に適用していきます。

一般的なブルースのコード進行

一般的なブルースのコード進行は、以下のようになると思います。

Fメジャーのブルースのコード進行
blues-1

上のコード進行に出てくる「F7」「Bb7」などの7thコードを、
5度セブンスに見立てて、ツーファイブを作ります。

このような感じです。
blues-4

実際に、ブルースのコード進行を、ツーファイブだらけにしてみましょう。

<全ての7thコードでツーファイブを想定したブルースコード進行>
blues-3

全ての7thコードをツーファイブに想定しなおしてみました。

上のようなコード進行を想定してアドリブすることができるのですが、

実はこのときに、アドリブをとりやすいコード進行にするコツがあります。

それは

ツーファイブにするところ・しないところ、両方を良い塩梅で作る

ということです。

例えば・・

例えば下の画像のような配分で、ツーファイブを想定してみると、
演奏しやすいです。

赤い矢印は、
「7thコードが4度進行して、着地している」ことを表しています。

blues-2

2小節目のBb7や、5小節目のBb7や、7小節目のF7や、11小節目のF7は、
ツーファイブにせず、そのままにしてあります。

ツーファイブにせず、そのままのコードを想定することで、
Cm7 F7の箇所や、Gm7 C7の箇所では、

ツーファイブワンのフレーズをそのまま演奏することができます。

メジャーセブンスコードではないのに、ツーファイブワン??

ツーファイブワン、と言っても、
「解決先はメジャーセブンスではなくセブンスコードじゃないか」
と思うかもしれませんが、

ほとんどのツーファイブフレーズは、
ワンのコードの1・3・5度のいずれかに着地しますので、

着地先がメジャーセブンスなのかそうでないか、は問題になりません。
blues-5

Fm7 Bb7のツーファイブの箇所

Fm7 Bb7のツーファイブを「Bb7(4度セブンス)」のところで想定した場合、

ツーファイブは次のコードに「4度進行していない」ため、
綺麗に着地はしていません。(なので矢印にバッテンを付けました)

この箇所は、少しフレーズ同士を繋げるのが難しいかもしれません。

また、

4度進行していない(着地しない)ツーファイブのコード進行上では、
「裏コードツーファイブ」「オルタードスケールからできたツーファイブ」
のフレーズは使用することができません。

「裏コードツーファイブ」「オルタードスケールからできたツーファイブ」は、

Cm7 F7 | Bb7のように、

ツーファイブが「次のコード進行に4度進行して」着地している場合のみ、

使用することができます。

以下の記事で詳しくご説明しています。

重要:裏コードの注意点
前回は裏コードの説明と、参考フレーズについてでした。 ...
Sponsored Links