必殺:7thの裏コードフレーズ

dominant-motion
上のようなコード進行、

いわゆる「ドミナントモーション」で使える常套句フレーズ

をマスターするのをオススメします!という記事を、以前書きました。

アドリブへの最短ルート:7thコード
今回は、アドリブをとるときに一番大切なフレーズ・考え方をご紹...

ドミナント7th常套句フレーズ(復習)

以前の記事では、

G7に対して「Gミクソリディアンスケール(=Cメジャースケール)」

を使ったドミナントフレーズをご紹介しました。

こんな感じです。

dominant-phrases

かなり優等生なサウンドという感じです。

今回は、ワクワクする「裏コード」なサウンドのする7thフレーズをご紹介します。

少し不良なドミナント7thフレーズ

今回は、ぜひこちらのフレーズをマスターしてみてください♪

substitute-g7

なんだか一瞬フワッとしたようなサウンドがしますよね。

冒頭に載せたフレーズとは全く違う響きがすると思います。

習うより慣れろ、ということで、

なぜ同じG7というコードで、こんなにも違う音が使えるのか?

という理屈は抜きにして、まずは、

7thコードが4度進行して着地しているところに、
これらのフレーズを「何も考えず」「ただ当てはめて」
演奏してみるのが良いと思います。

例えばこのようなコード進行のときに使えます

下のコード進行の「赤く塗ってあるところ」では全て、
先ほどの裏コード7thフレーズが使えます。
dominant-motion2

裏コードなサウンドってなんなの?

フレーズは、後付けで理論と組み合わせた方が効率が良いと思います。

何度も繰り返し演奏して、指や音で雰囲気を覚えて、
その後
で、

「これは〇〇スケールの音でできているのか、たしかにそうだな」

という風に、理論と結びつけた方が格段に効率が良いです。

そうしているうちに、フレーズを練習している最中、同時進行で

「これはCメロディックマイナーでできているフレーズだな」

というようなことが分かるようになります。

そうなるためには、まずどんなフレーズが世の中に存在しているのか」を知り、

フレーズに触れていくことを優先すべきです。

あまり頭でっかちにならず、フレーズを言われたとおりの場所で演奏してみる

ということから始めてみましょう。

そんなわけで、今回は詳しい理論の説明は省きました。

ですが、やっぱり理屈が気になってしまう!
という方もいらっしゃると思いますので、

次回は、今回の記事の軽い説明を書かせていただきたいと思います。

Sponsored Links