移調の練習〜ちょっと難しい編〜

明日のセミナーお待ちしております

明日はブルースのアドリブセミナーを開催します。

5/27(日)13〜15時

音源や譜面・テキストを使って、
ブルースのアドリブの練習法をお伝えします。
(楽器は使用しないセミナーになります。)

詳細・お申し込みは、こちらよりお願いいたします。

ジャズアドリブセミナー
セミナーのお申し込み・お問い合わせはこちら 随時ご参加を受...

今回は、前回の移調の続きです。

前回の記事

移調のコツ〜簡単レベル編〜
今回は移調のコツについてです。 レッスンでいただくご質問の...

臨時記号が多い例にしたので、
ちょっと難易度が上がっています。

移調してみましょう

transposition

こちらのC譜を、

Bb管の方はBb譜に、
Eb管の方はEb譜に、

移調してみましょう。

(あとに出てくる譜面で答え合わせができます)

C譜からBb譜へ

C譜
transposition

元の譜面(C譜)の調合を見ると、
シャープが1つのGメジャーのKeyになっています。

これをBb譜にするには、
Keyを全音上にあげる必要があります。

Gメジャーの全音上なので、
「Aメジャー」の調合にします。

あとは、全ての音符をC譜の全音上、だと思って移調していきます。

臨時記号が多いので、ナチュラルなのか、シャープなのか、フラットなのか、
異名同音に気をつけながら書いていきましょう。

C譜
transposition
Bb譜
transposition-Bb

例えば「Bのシャープ」は「Cナチュラル」と書いた方が読みやすいので、
そういう点に注意して移調できると良いです。

C譜からEb譜へ

C譜のKeyがGメジャーなので、
Eb譜の場合は、その短3度下(長6度上)の「Eメジャー」のKeyになります。

音符も、線3本分下に書いていきます。

Bb譜のときと方法は同じで、異名同音に気をつけながら
移調していきます。

C譜
transposition
Eb譜
transposition-Eb

はじめの「Aシャープ」の音は、そのまま線3本分下に音符を書くと、
「F#のシャープ」ということになりますが、

F#をシャープさせるとGナチュラルの音になります。

臨時記号はそういったところが難しいです。

普通に移調するときにも使えます

気に入ったフレーズを他のKeyに移調するときにも、
今回のような考え方で移調するとやりやすいです。

・なんのKeyからなんのKeyに移調したいのか
・何度離れたKeyに移調したいのか

をまずは確認することで、
フラットやシャープを付ける位置が明確になってきます。

Sponsored Links