メジャーセブンスのフレーズ

本日は、メジャーセブンスに使えるフレーズについてです。

メジャーセブンスというコード上で、
ペンタトニックのフレーズが使える=メジャーセブンスフレーズとして代用できる
という記事は書いたことがありました。

以下の記事です↓↓↓

メジャーセブンス攻略その2
メジャーセブンスコード攻略その2です。 その1はこちら。 ペンタトニック...

「メジャーセブンス用のフレーズ」をまだしっかり載せたことがなかったようでした!
今日はいくつかご紹介させてください♪

メジャーセブンス用のフレーズとは?

メジャーセブンスは、
様々なコード進行の「ゴール」「終着点」という機能を持つことが多く、
とても安定した響きをしています。

メジャーセブンスのコードでは、
主にメジャースケールからできたフレーズがサウンドします。

例えばG△7というコードには「Gメジャースケールからできたフレーズ」
がサウンドします。

メジャースケールからできたフレーズといっても、
ツーファイブのフレーズとは少しサウンドが違います。

どんな風に違うのか、と言いますと、
実は使っている音自体はあまり変わらないんです。

ですが、

メジャーセブンスのフレーズには、
ツーファイブフレーズ特有の
「5度セブンスが次のコードに移動する感じ(ドミナントモーション)」が無い

というのが特徴です。

どこかに向かっているようなフレーズではなく、
あくまでも、落ち着いたサウンドという感じです。

こればかりは既存のフレーズを演奏してみて、
どんなものか体感するのが手っ取り早いと思います。

メジャーセブンス用のフレーズ集

私はJazzを始めたころ、以下のようなメジャーセブンス用フレーズを使用していました。

G△7のコード上で演奏する「メジャーセブンスフレーズ」

gmajor-phrases

4つもあれば十分だと思います。

私はこの4つを、よく出るKeyに移調して、使用していました。

メジャーセブンスフレーズの習得・覚える方法

では次はこのフレーズをどのように、
自分のアドリブに取り込めるように練習するのか、ですね。

オススメの練習方法は、

上記の譜面の4つのフレーズを、
自分が知っているツーファイブフレーズと連結させる」

という方法です。

教則本などに書いてあるような、
あらかじめツーファイブフレーズとメジャーセブンスフレーズが連結されている
「ツーファイブワンフレーズ」を丸覚えしても良いのですが、
ツーファイブとメジャーセブンスフレーズは分けて覚えておいて、
自分で自在に「あのフレーズとこのフレーズを今回はくっつけよう」
という風にフレージングを選べる方が
少ないフレーズ数でも、組み合わせ次第で様々なバリエーションを持つことができます

ツーファイブとメジャーセブンスフレーズの連結例

例えば先ほどのメジャーセブンスフレーズ4つを
ツーファイブフレーズと連結させると、このようなパターンができます。

twofive-one-phrases

この組み合わせ方はあくまでも一例ですので、

なるべくツーファイブとメジャーセブンスフレーズは切り離して覚えておき、
色々な組み合わせを試してみると、

・メジャーセブンス、というコードに慣れてきたり、
・「この音は安全だな」というようにコード感を養う練習になったり

と良いことが沢山あります。

以下のページにも
メジャーセブンスについての記事を載せております。
併せてご覧ください。

メジャーセブンス攻略その1
メジャーセブンスコードって、 何を吹いたら良いのか分からない・・・。 フレー...
Sponsored Links