新しいフレーズは1曲につき1個出せれば合格

「新しいフレーズを覚えたり、練習したりしても、
いざ曲で吹こうとすると、全く出てきません・・」

生徒さんからよくご相談いただく質問であり、
私も学生時代、「どうしたものか」と何年間か悩んだ問題です。

新しいフレーズを自分のフレーズにする、のは少し根気のいる作業です。

新しいフレーズを確実に使えるものにしていく方法

フレーズをひとつひとつ自分のモノにして、確実に前に進んでいくために、
私はこのようにルールを決めています。

新しいフレーズは1曲につき1つ出せればOKで、
そのほかのところは手癖フレーズであったり、
情けないアドリブになってしまってもOK

つまり具体的に言うと、

最後の仕上げ段階で
マイナスワン音源やバンド仲間と一緒に演奏して、
1〜3コーラスほどソロをとって、
新しく覚えたフレーズが1個でも出せたら、その曲はクリア。
それ以上の深追いはしない。

ここでもっと大切なのは、

新しく覚えたその1個のフレーズを、いかに様々な曲で使う努力をしたか、

というところになります。

1個のフレーズを使い回すことが定着のカギ

例えば

Am7-D7のツーファイブのフレーズを1個使えるようになったら、
Am7-D7という進行が出てくる他の曲でそのフレーズを使ってみる
(移調すればさらに使える場所は増えますが)

このような作業をしていくことで、徐々にそのフレーズが自分に定着してきます。

誰か好きなアーティストをコピーして、
たくさんフレーズを仕入れたとしても、

その中で本当に気に入っているもの、使いやすいものは1つか2つ、

くらいに考えておいた方が良い結果を生みやすいです。

Sponsored Links







シェアする

フォローする

Sponsored Links