覚えたフレーズは忘れてしまってもOK

音大に入る前、ある音大の受験対策レッスンに参加したとき、
第一線で活躍されている先生がおっしゃっていた言葉があります。

「新鮮な寿司屋になりなさい。」

これは、覚えたフレーズを、すぐに曲の中で使っていきなさい、という意味です。
新鮮なネタ(フレーズ)を仕入れたら、すぐに寿司にして店(曲)に出すのです。

ノートに書いて大切に貯めていく、のも良いのですが、
使わなければ意味がありません。

個人練習をしているとき、バンドで練習をしているとき、
本番のとき、覚えたら早速使ってみるのです。

フレーズはどんどん覚えてどんどん忘れてOK

でもそんなことしたら、今までに覚えたフレーズを忘れてしまうのでは?と
心配される方もいらっしゃるかもしれません。

そうです、いくつかのフレーズは忘れてしまうでしょう。
ですが、それで良いんです。

忘れてしまっても、今のお気に入りの新しいフレーズだけ持っていれば良いんです。

せっかく覚えたのに、もったいないじゃないですか?

いいえ、忘れてしまうくらいなら、きっと吹きにくいか、自分で飽きてしまったのか、
元からそんなにお気に入りのフレーズではない、そんなフレーズなのです。

またお気に入りのフレーズを五線譜ノートにメモしていれば、
パッと一瞬そのノートを見返すだけで、
今まで使っていたフレーズたちを、案外すぐ思い出せます

一度曲の中で吹こうとトライしたフレーズであれば、
パッとノートを見返せば、潜在意識が覚えていて、曲の中で吹くことができます。

新しく覚えたフレーズも以前の古いフレーズも、両方使えるようになるのです。

せっかく覚えたフレーズを忘れてしまうリスクよりも、
どんどん新鮮なフレーズを使いましょう。

コードに対する理解が深まっていく

そうすれば新しいサウンドに触れ合うことができ、
自分の中でのコードに対する「使ってOK」な音が増えていきます

コードに対する理解が深まるのを、
新しいフレーズを覚えるたびに感じることができるでしょう。

今まで練習したフレーズ全てをずっと覚えていて、全てを使える必要はありません。
よほど古いフレーズに固執している方が危険ですよ。

Sponsored Links







シェアする

フォローする

Sponsored Links