アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習まとめ

スタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を使って、
アドリブ練習法実践編のまとめです。

今までのアドリブ練習法実践編はこちらをご参照ください。

パート1

アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習
いよいよ、私のアドリブ練習法実践編です! スタンダード曲「...

補足編

フレーズがどうやって出来ているか、知らないとだめでしょ??
さて、枯葉でアドリブ実践編の続きです。 こちらの記事は、...

パート2

アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習パート2
スタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を使って、...

パート3

アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習パート3
今回も、スタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を...

フレーズが条件反射で出てくるようになるまで繰り返す

今回までにご紹介した練習法を行ううちに、
Cm7-F7-Bb△7というコード進行を見たら、
ストックした3つのフレーズが条件反射で出てくるようになります。

そうなればしめたもの。

このコードを見たらこうとしか吹けない
という風な状態にするのがまずアドリブの第一段階です。

フレーズを出すのに一生懸命にならない分、
他のことに集中できますし、この条件反射・ストックが増えてくることで、
自分が歌いたい歌を歌える準備が整ったということになります。

前回までのレッスンをクリアしたら次はこれにチャレンジ

ランダムにフレーズを出していく練習ができるようになったら、

次はフレーズを書いた譜面は見ない(もうやっていたかもしれませんが)、
もしくは
コード進行を書いた譜面は見ない

というルールで同じ練習をしていきます。

そして、それもできるようになったら、
ついにコード進行を書いた譜面、フレーズを書いた譜面どちらも見ないで演奏します。

なるべくストックしたフレーズは全て演奏してくださいね。
何度も同じフレーズが出てきて構わないので
(3つずつしかフレーズを持っていないので当たり前です)何コーラスも練習してください。

これをやるときに守るべきことは、

覚えたフレーズ・覚えたいフレーズ以外は使わない
適当なことを吹かない

ということです。

この練習を録音してみると、
以前とは違う理論に基づいた安定したソロを自分が吹いていることに驚くはずです。

Sponsored Links







シェアする

フォローする

Sponsored Links