アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習

いよいよ、私のアドリブ練習法実践編です!

スタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を使って、
実践編を書いていきたいと思います。

いきなり余談ですが、私が好きな「枯葉」はピアノのEddie Higginsの演奏です。
なんともぐっとくる演奏で、フレーズも思わず吹いてみたくなるものばかりで、
私はよくEddie Higginsの演奏をコピーしてフレーズを頂いています。

2つだけで良いんです

話を戻しまして、「枯葉」のコード進行は、細かな部分を除いてみると、
2種類のツーファイブワンしか出てきません

ツーファイブワンの説明はこちら

ツーファイブとはなんぞや
Jazzは転調の連続の音楽である、と言われることがあります。...

枯葉に出てくる2種類のツーファイブワンというのは、
Cm7-F7-Bb△7のツーファイブワンとAm7b5-D7b9-Gmのツーファイブワンです。

画像では赤線と青線に分けてあります。

autumn1

そのほかの部分にはバッテンがつけてありますが、
今の時点でこのバッテンのコードのことは考えず、無視してください。

バッテンの部分はお休みをして、吹かないことにします。
(こんなに休んじゃっていいの?と思うかもしれませんが、
案外このお休み、そんなに長くありません。)

そんな訳で、Cm7-F7-Bb△7とAm7b5-D7b9-Gmという
この2つのツーファイブワンのフレーズさえいくつかストックしておけば
枯葉のアドリブをとることができる、というわけです。

たったの2種類なら、できそうな気がしませんか??

フレーズの集め方は何通りかあります

フレーズを集める方法は色々あります。
過去の記事を参考にしてみて下さい♪

フレーズをストックする方法
フレーズを集める方法は色々あります。 例えば皆さんが枯葉...

ツーファイブワン、というまとまりでフレーズを集めても良いですし、
ツーファイブとトニックに分けてフレーズを集めるのも、もちろんOKです。

autumn2

でもでも、理論は考えなくっていいの??・・・続きは次の記事で!!

Sponsored Links







シェアする

フォローする

Sponsored Links