フレーズがどうやって出来ているか、知らないとだめでしょ??

さて、枯葉でアドリブ実践編の続きです。
こちらの記事は、前回の記事を読んでから読むことをお勧めします。

アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習
いよいよ、私のアドリブ練習法実践編です! スタンダード曲「...

枯葉のコード進行は2つのツーファイブに分けられる

autumn1

理論上では、この二つのツーファイブに使うべきスケールは

Cm7-F7-Bb△7には   Bbメジャースケール
Am7b5-D7b9-Gmには  Gハーモニックマイナースケール
             もしくはGメロディックマイナースケール

ということになり、
そのスケールを用いて作られているフレーズをストックするべきなのですが、
初期の段階ではひとまずフレーズを覚えるのが先です。

でもフレーズがどんな音使いでできているか、
知らないとだめじゃないの?

コピーしたフレーズがどのようなスケールから、どんな考え方で作られたか、を
皆さんが知っている必要はありません。

なぜかというと、
ジャズの巨匠たちの演奏からコピーしたフレーズであれば、
理論に即した音使いになっているはずだからです。

巨匠たちがツーファイブワン、のところで吹いているフレーズは、
そこに合ったスケールで出来ています。
初期の段階では、皆さんは考えず、ただ受け取るだけで良いのです。

「なんとかスケールから作られているフレーズで・・」というようなことを考えるのは、
吹いていない時間にしましょう。

というのも、フレーズをある程度覚えてくると、
コードと音の結びつきも自然と理解できるようになります

フレーズを練習しただけで理解できるなんて、話がうますぎる、
と思うかもしれませんが、これは本当です。

百聞は一吹きにしかず。なのです。

フレーズを分析することで得られることは・・

もちろん理論もとても大事なことです。

理論が分かっていると、ひとつフレーズを覚えただけで、
こんなところでも、あらこんなところでもこのフレーズ使えるのね、
と分析できたりします。

ですが、まずは曲に合わせて吹いてみる、というのが大事です。

枯葉アドリブ実践編、次の記事では実際に音を出してみたいと思います。

Sponsored Links