ツーファイブフレーズ集は使うべきではないのか?

この記事は約2分で読めます。

よく楽器屋さんでツーファイブフレーズ集が売られていますよね。

こういう本を使うのは邪道なんじゃないか?
ちゃんと自分で耳コピしなきゃ意味がないんじゃないか?

と思うかもしれませんが、そうとも限りません。

というよりむしろ、最初はこのような本も活用すべきだと思います。

ツーファイブフレーズ集を使うべき2つの理由

ひとつには、そのフレーズ集にかっこいいイケてるフレーズが載っているかもしれない
ということが言えるからです。

ですが一番の理由は、ツーファイブやトニックで使われる
「一般的なフレーズ」「常套句」を手軽に学べる、
ということがあげられるのではないでしょうか。

ツーファイブ集を使うことで、
そのコード進行のときに聴こえているべきサウンド
誰でも簡単に吹いてみて理解することが出来ます。

そのフレーズを用いることで、
人が安心して聴いていられるソロサウンドを作り出すことができます。

こんな経験はありませんか?

英単語を沢山覚えると、洋画や海外ドラマを観ているときに、
ふと「あ、今なにを言ってたか聞き取れたぞ!」と思ったことはありませんか?

それに似た感じで、基本的なジャズのフレーズを理解すれば、
自分が好きだ!と思うフレーズに出会ったとき、
簡単に聞き取ることができ、譜面におこすことができます

また、それが一体どんなコード進行に合うのか、もつかむことができるのです。
基本構文を理解することができれば、口語文でも話すことができる、ということです。

でもやっぱりフレーズ集より耳コピの方が良いのでは?

そんなこと言ってもやっぱり耳コピの方が良いんですよね?と
思う気持ち、分かります。
フレーズ集を使うと、なんだか人のノートを写して
そのまま提出していた学生時代を思い出す・・・なんて方もいるかもしれません。

もちろん好きなアーティストを耳コピして・・・というのも素晴らしいです!
ですが、耳コピが思うように進まず結局断念し、フレーズを手に入れられなければ本末転倒。

ツーファイブフレーズ集は手抜きをするための楽な手段、という訳ではなく、
私たちに正しい道をさらっと教えてくれる優しい友達なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました