ラインクリシェフレーズは超便利

マイナーコードが4小節続く、
このようなコード進行ってよく見かけませんか?
↓こういう感じの↓

cm-4-chords

↓こういう感じの↓
cm-4-chords2

例えばRecorda MeI’ll remember AprilInvitation
他にもたくさんの曲で、そのようなコード進行が出てくると思います。

4小節続くマイナーセブンスコードの対処法

上記のようなコード進行に対して、
過去に色々なアドリブ方法をご紹介しました。

ツーファイブでフレージングする方法↓

マイナーセブンスが4小節続いたときの対処法
前回は、メジャーセブンスが4小節続いたときの対処法についてでした。 今回は「マイナーセブンスが...

ツーファイブとペンタトニックなど、モチーフを組み合わせる方法↓

マイナーセブンス4小節の対処法パート2
マイナーセブンスが4小節続いたときの対処法パート2です。 パート1はこちら 今回は「より発展...

今回は、さらに習得しやすいフレージングを紹介させていただきたいと思います。

さらに習得しやすいフレージング

cm-4-chords

cm-4-chords2

このコード進行を簡単に演奏できるフレージングは

ラインクリシェ

という技法です。

これが演奏してみるととても面白いサウンドなんです。

ラインクリシェとはどのようなフレージングか、と言いますと、
例えば以下のようなフレーズです。

linecliche-cm

トップの音が、C→B→Bb→Aと降りてきています。

このトップの音は、「Cm」というコードに対して、

ルートのCの音
次はその半音下B(メジャーセブンス)
また半音下Bb(マイナーセブンス)
そしてまた半音下A(6thの音)

という音使いです。

他のKeyだとこのような感じ。

linecliche-am

Amというコードに対して

ルートのCの音
次はその半音下G#(メジャーセブンス)
また半音下G(マイナーセブンス)
そしてまた半音下F#(6thの音)

という音使いです。

このトップの音以外は、4小節間ずっと同じ音(つまりAmの1・3・5度の音)なんです。

ラインクリシェのフレーズ集

・トップの音が半音ずつ下がってくる
・他の音はコードトーンの1・3・5度

というルールを守ってさえいれば、リズムなどを変えて、
自分でもフレーズを創作することができます。

例えば以下のようなフレーズがあります。

Cmが4小節続いた場合のラインクリシェフレーズ

line-cliche-phrases

「マイナーコードが4小節続く」コード進行は意外と多い

マイナーコードが4小節続くと言っても、
cm-4-chords

と書かれているコード進行もあれば、
cm-4-chords2

と書かれているコード進行もありますし、
cm7

と書かれているコード進行もあります。

コード進行の表示の仕方は様々ですが、
上記の3つのコード進行すべてに対して、ラインクリシェの技法を用いることができます。

つまり、「m」が付いていて、それが4小節続けば、
ラインクリシェがよくサウンドする、ということです。

マイナーコードが2小節の場合でもラインクリシェOK

マイナーコードが2小節続くコード進行は非常に多いと思いますが、

ここでもラインクリシェのフレーズを使うことができます。

2小節でラインクリシェのサウンドを出すので、以下のようなフレーズになります。

line-cliche-short

先ほどと、ルールは同じです。

Sponsored Links