マイナーセブンス4小節の対処法パート2

マイナーセブンスが4小節続いたときの対処法パート2です。
パート1はこちら

マイナーセブンスが4小節続いたときの対処法
前回は、メジャーセブンスが4小節続いたときの対処法についてで...

今回は「より発展させるコツ」です。

マイナーセブンスコードが4小節続くようなときには、
ツーファイブを想定して演奏すると、楽に演奏できました。
minor-twofive

ではここから更に、ソロを発展させていきましょう。

より発展させるコツ

そのコツとは、「モチーフの組み合わせ」です。

今回のテーマであった「ツーファイブの想定」にプラスして、
今まで勉強したモチーフも組み合わせてみましょう。

あっという間に、アイディア豊富なソロをとることができます。

今まで勉強したモチーフ

ツーファイブの想定
メロディックマイナー
ペンタトニック

この中から「好きなもの」「演奏しやすいもの」を自由に組み合わせると、
無限に可能性が広がっていき、ソロが取りやすくなります。

組み合わせるってどうやって?

組み合わせる、なんて簡単に言われても難しい・・と思うかもしれませんが、
たったの4小節間なので、

あらかじめ2つほどフレーズを選んでおくだけで、

もう満タンになってしまいます。

Recorda Meのコード進行で演奏してみました。
組み合わせ方の参考にしてみてください。

<メロディックマイナー&ツーファイブ&ペンタトニックの組み合わせソロ>

フレーズの下に、想定したモチーフの名前を書いています。
minor-4-c

YoutubeにRecorda Meをアップしています

私がRecorda Meを演奏したビデオをYoutubeにアップしております。
観ていただけましたらとても嬉しいです。

Sponsored Links