簡単に7thコードの連続を演奏しよう

7thが2拍ずつ、4度進行して連続するようなコード進行

が出てきたとき、前回の記事では

素直に「コードトーンを使ったフレーズ」を演奏する

というのをオススメしていました。

前回の記事はこちらです。

7thコードが2拍ずつ連続しているときは・・
7thが2拍ずつ続く、このようなコード進行ってよく出てきます...

このようなパターンになっているフレーズを演奏するのも
よいのですが、
さらにフレージングの選択肢があると、助かりますよね。

7thコードが連続していてもツーファイブを使えちゃう

G7 C7 | F7 Bb7 | Eb7 Ab7 | Db△7
(Jorduのサビ頭のコード進行です)

上のように、
7thコードが2拍ずつ、4度進行して連続するようなコード進行では、

普通にツーファイブのフレーズを使うことができます。

どういうことかと言いますと・・

G7 C7 | F7 Bb7 | Eb7 Ab7 | Db△7

というコード進行を

Gm7 C7 | Fm7 Bb7 | Ebm7 Ab7 | Db△7

という風に解釈して、ツーファイブフレーズを演奏する、というような方法です。

Jorduですと、Stan Getzがこの方法でソロをとっている箇所があります。

7thコードというのは、4度進行している場合、
様々なテンションを使うことのできるコードですので、

マイナー7thコードとして解釈して演奏しても、
理論的には大丈夫です。

前回のパターンフレーズと一緒に使うと、
難しい7th連続のコード進行でも、手数に困りにくくなります。

フレーズ例

例えば12Keyで演奏するとこのようになります。

7th-two-five

G7 C7 | F7 Bb7 | Eb7 Ab7 | C#7 F#7 | B7 E7 | A7 D7

というコード進行を

Gm7 C7 | Fm7 Bb7 | Ebm7 Ab7 | C#m7 F#7 | Bm7 E7 | Am7 D7

として解釈して演奏しています。

ツーファイブに解釈し直して演奏するとき、フレーズによっては
「少しきわどいかな?」と思うこともあるかもしれません。

そのときには、違うフレーズを選んでみましょう。

アドリブセミナー

来週末に、アドリブセミナーを行います。

2018年2月のアドリブセミナー募集開始
来月のジャズアドリブセミナー日程が決定いたしましたので、 ...

アドリブの具体的な練習方法、また、コード進行の分析や、
ディミニッシュなど、皆さんが悩みやすい事柄について、

たっぷりお話させていただきます。

基本的に1回完結のセミナーになっております。

確実にアドリブに効果が出る、実りのある内容にさせていただきたいと思っております。
是非お越しください。

2/11(日)Bコース
2/12(祝・月)Cコース

2月は4回セミナーを行います。

Sponsored Links