アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ4

さて本日も「マイナーフレーズの攻略法パート4」です。
前回同様スタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を使ってすすめていきたいと思います。

パート3はこちらです。

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ3
さて本日は「マイナーフレーズの攻略法パート3」です。 前回...

マイナーフレーズだけだとくどい?!?!

前回紹介したマイナーフレーズ常套句だけを用いて
枯葉を演奏するとこんな感じでした。

マイナーフレーズをいくつか覚えただけで
ワンコーラス楽々かっちょよく吹けてしまって便利・・・なのですが

ここで少し問題発生です。

3コーラスほどソロを吹くのであれば、
そのうちの1コーラスをマイナーフレーズのみで攻めるのも、良いと思います。

良い、というかむしろ、かなり良いことだと思います。

ですがあまりにもずっとマイナーフレーズだけを使ってソロをとると、
うまくやらないとちょっとくどい感じになってしまうかもしれません。
(参考音源、なんだかくどかったですよね?)

それと、ちゃんとフレーズをストックした結果なのに、
「あいつ一発でソロやってるなー、理論分かっちゃいねえぜ。」と思われるかもしれません。

そこで解決法です

ペンタトニックのサウンド1色になってしまわないためにも、

慣れてきたら、

ツーファイブワンを吹く箇所

マイナーフレーズを吹く箇所

両方を組み合わせてみましょう。

アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習パート2
スタンダード曲「枯葉 Autumn Leaves」を使って、...

以前のこちらの記事で紹介したツーファイブワンのフレーズ(以下の画像を参照ください)

autumnleaves-phrases

autumnleaves-phrases2

と、前回紹介しましたマイナーフレーズ、

minorpentaphrases2

これらをうまく組み合わせて使います。

組み合わせて吹くとこんな感じです。

組み合わせるってどういう意味?

組み合わせる、といっても難しいことはありません。

ツーファイブワンのフレーズは、しっかりコード進行に合わせた然るべきところで吹き、
マイナーフレーズは好きなタイミングで吹いていきます。

本来ツーファイブを吹いていた場所で、マイナーフレーズを吹いても良いんです。

Gマイナーのフレーズなので、枯葉のコード進行であれば、
曲中どこでこれらのマイナーフレーズを吹いても問題ありません。

3小節目から吹き始めようが、2小節目からフレーズを始めようが、
なんでもありです。

ツーファイブワンを吹いたり、マイナーフレーズを吹いたり、
自由に遊んでみましょう。

ぐっとアドリブになりましたよね!!

Sponsored Links




Comment

  1. Nanako Shibuya より:

    稲野様

    先日につづき、暖かいコメントをいただきまして、ありがとうございます。
    励みになります。

    そうなんです、ツーファイブフレーズだけでアドリブをすると、
    少し束縛されるような感覚ですよね。
    ペンタトニックを導入すると、非常に自由になります。

    色々な楽器をされているのが、とても羨ましいです。
    フルートもまた再開されるのですね!

    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 稲野 真一 より:

    Shibuyaさん こんにちは。 熊本の稲野です。

    ここは実に参考になる素敵なサイトだと思います!!。
    そして、マイナーペンタ+ブルーノートスケールは万能技(というか、神頼みの技)ですね。
    早速ピアノでやって見ました。解説されている通り、当然ですが全ての小節でピッタリ決まりました。 これで2−5に束縛されずに前へ進めます!!。掲載されているフレーズはブルースでのソロにも大変参考になります。

    ロストした時にも大いに役立つと感じました。尤も私は古希を超え、山の神から夜間外出禁止令が出ていますのでセッションもままなりません訳ですが。

    ピアノとギター、ベース、クラ(以前はサックスも)は毎日練習していますが(下手の横好きとも言いますね)、Shibuyaさんはフルートがご専門とお見受け致しました。最近フルートは触っていませんでしたが、このサイトではフルートでの音源も提供されておりますのでこの機会に再開したいと思います。

    まずは感謝申し上げる次第です。