7thコードが続いたとき(フレーズ例+音源たくさんです)

本日は、「A7」が続いたときのアドリブのアプローチを7種類
ご紹介させていただきます。

A Night in Tunisia

チュニジアの夜(A night in Tunisia)のコード進行を使って進めていくのですが、
チュニジアのコード進行は厳密には、
このように

A7一発ではなく、Dmという「1度マイナー」に1小節ごとに戻っています。

ですが、アドリブするときは、
このように解釈して演奏したり

このように解釈したり
tunisia-4
A7の長さを自由に解釈して演奏することができます。

そして、このA7が続くコード進行で、
何を演奏すれば良いのか?!というところまでが前回の記事でした。
(ほぼ上の説明だけで、大丈夫だったかもしれない)

前回の記事はこちらです。

7thコードが続くとき(チュニジア編1)
7thコード1発のアドリブって、 ビッグバンドのソロでもた...
以下のフレーズ例は、すべて同じバッキング・同じコード進行に対して、
色々なコード進行の解釈をし、演奏したものです。

コンディミを使ってみよう

A7コンビネーションオブディミニッシュスケールのパターン

を使って演奏すると、
かなり尺が持つので、フレーズを覚えるよりも楽かもしれません。
a7-diminish

ディミニッシュスケールは、
スケール練習のパターンのようなものを使用すると、
このスケールの良さが出ます。

シンメトリーなスケールを活かす感じです。

最後にDm(1度マイナー)にしっかり着地させることがポイントです。

ツーファイブを使ってみよう

A7が「Dm」というマイナーコードに解決していますので、
マイナーのツーファイブを想定し、演奏するのも一般的です。

<2小節のマイナーツーファイブ>

Em7b5 | A7 | Dm | Dm という風に、
最初の2小節をマイナーツーファイブフレーズにしてみたり

a7-long-twofive

 
 
<1小節のマイナーツーファイブ>
Em7b5 A7 | Dm | Em7b5 A7 | Dmという風に、
1小節ごとにマイナーツーファイブを解決させたり(元のコード進行通りですね)

ツーファイブフレーズは、そのとおり演奏するだけで
さまになるので、便利です。

Dマイナー1発で演奏するのもあり

元のコード進行では、A7がDmに解決するので、
初めからずっと「Dm1発」で演奏してしまう、というのも楽しいです。

<Dマイナーペンタトニックフレーズ1発>
a7-dminor-penta

ファンキーになりますね。

<Dメロディックマイナーフレーズ1発>
a7-dmelodic-minor

面白いサウンドです。

アウト感を出そう

今までご紹介しましたフレーズは、
コードのサウンドに沿っていて心地よかったのですが、
アウトさせるのも、こうした一発系のコード進行にマッチしています。

<完全4度のパターン>
例えば、調性が無いように感じさせる
「完全4度のパターン」なんかもオススメです。
a7-perfect-4th

<トライアドのパターン>
または、A7を軸にして、
「Aのトライアド(3和音)」「Gのトライアド」
順番に演奏するのも、
調性が感じられにくくなり、アウト感が出ます。
a7-triad

7thコードでは、色々なアプローチができますので、
チュニジアではもちろん、ぜひ「Caravan」のコード進行でも試してみてください!

Caravanの場合はC7 1発のアドリブの練習ができます。

Sponsored Links