フレーズ同士をうまくつなげる〜その2〜

前回の「フレーズをうまくつなげる」は、
Dm7 | G7 | C△7というメジャーのツーファイブの場合でした。

フレーズ同士をうまくつなげる〜その1〜
「フレーズ同士が繋がらない」 「不自然な繋がり方になってし...

今回は、スタンダードによく出て来る

Dm7 | G7 | Cm7 | F7 ・・・

というようなコード進行が題材です。

Dm7 G7のツーファイブが「マイナーセブンスコード」に4度進行して解決したとき

繋げ方の提案をアップしたいと思います。

フレーズの着地音がとても大切

フレーズを演奏したあと、
「なにか他のフレーズに繋げなければ」と焦るかもしれませんが、

他のフレーズに繋げるよりも、
「正しい音に着地させる」ということが一番大切です。

着地さえしっかりしていれば、
フレーズを続けて演奏しなくても、
洗練されて、落ち着いて聴ける、カッコ良いソロになります。
(前回の記事をご参照ください)

ツーファイブフレーズ、何の音に着地させるか?

Dm7 | G7のツーファイブフレーズを演奏したあと、

Cm7に合う音のどれかに着地させたい

のですが、ここに少しコツがあります。

この2つのツーファイブの着地の仕方を聞き比べてみてください。

cm7-eb

cm7-g

上の2つのどちらの着地の仕方が良いか、というと、
「それは好みの問題じゃないか?」と思われると思うのですが、

一般的には、2つ目の着地の仕方が良いと思います。

この着地音の選び方で、「素人っぽい」か、そうでないか、
が分かると言っても良いかもしれません。

隣の音に着地すれば良い、という訳じゃない

正しい音に着地をすれば、その後フレーズが続いていなくても、
ソロが立派に聴こえます。

例えば先ほどの音源は、
ツーファイブフレーズの終わりの音が「D」なので、

隣の「Eb」に解決させたい、

という気持ちもあるのですが・・・

cm7-eb

赤で囲っている箇所で、すでに「ミレ」と演奏してしまっているので、
また「ミb」に着地すると、

「ミ」が続いてちょっとクドイ感じになります。

先ほどの2つめの音源は、
フレーズの最後の音からかなり跳躍した「G」の音を使っていますが、
クドさがありません。

cm7-g

必ずしも隣の音に着地しなくてはいけない、
フレーズ同士は半音でつながっていなければいけない、
というわけじゃないんです。

こっちに行った方が耳心地が良い、と思ったら、
その音で良いんです。

でも正解があるわけじゃない

とはいっても、やはり音楽に正解はなく
自分で「これは大丈夫」と思う音に着地すれば良いわけなのですが、

着地したときに、

なにか違和感があるなあ・・・
ジャズっぽくないなあ・・・

と感じたら、それはあまり良い音ではないかもしれません。

普段から、ツーファイブのフレーズを演奏したときに、

「着地音まで演奏する癖」
「この着地音でカッコ悪くないのか?と疑う癖」

をつけておくことをオススメします。

お仕事があったり、学校があったり、
練習時間がたくさんとれる、という方は少ないと思いますので、

「着地音を研究する」というようなストイックな感じではなく、
着地音を「ちょっと意識する」だけで良いんです。

それだけで、1ヶ月後には演奏の印象が全く違っています。

Sponsored Links