循環の曲の真ん中のセクションをマスター:パート1

循環の曲に苦手意識を作らないために、
「真ん中のセクション」をマスターしましょう!

循環の曲の7thコードが続くところ

真ん中のセクション、というのはリハーサルマークでいうとAABAの「B」のところ。

例えばOleoのコード進行だと、

D7|D7|G7|G7|C7|C7|F7|F7

D7→G7→C7→F7と4度進行していくところですね。

以前に、「ツーファイブじゃないところのコードの処理」について記事を書きました。

ツーファイブじゃないところのコードの処理
ツーファイブとトニックに分けてフレーズを覚えて、なんていうけ...

7thコードが続いている場合、

7thコードに対して2度マイナーセブンをつけて、
ツーファイブに想定し直す

と、ソロが吹きやすい、という内容でした。

Oleoのコード進行で考えてみるとこうなります。

to-two-five

メジャーセブンスコードは無いのに大丈夫なの?

ツーファイブとして解釈して「ツーファイブフレーズ」を吹いたところで、
解決先はメジャーセブンスじゃなくて、セブンスコードだから、
うまくハマらないのでは?

と思うかもしれませんが、

大体のツーファイブフレーズの着地する音は、
1度か3度か5度であることが多いです。

d7-g7

ツーファイブフレーズを4つ連結させると、
しっかりコードにハマっている感じがします。

こんな感じです。

oleo-two-five

Sponsored Links