転調の多い曲のアドリブのコツ

ジャズスタンダードの曲の中には、
どんどんKeyが変わっていって、ペンタトニック1発〜♪などでは演奏できないような、
難しい曲もたくさんありますよね。

その中の一つに、クリフォードブラウン(Tp)のJoy Springがあります。

Joy Springには6つのKeyのツーファイブが登場する

Joy Springのコード進行には、
さまざまなKeyのツーファイブ進行が出てきます。

in Cでは

■Gm7 C7
■Bbm7 Eb7
■Abm7 Db7
■Bm7 E7
■Am7 D7
■Fm7 Bb7

上記の6つのKeyのツーファイブ進行が、次から次へと登場します。

それぞれを正確に演奏するのが、このような曲の醍醐味だと思います。

Joy Springの『コード進行&裏コード』の説明

「Joy Springのコード進行の分析」「Joy Springに登場する裏コードについて」
などは、以下の記事よりご覧ください。

Joy Springのアドリブ演奏法
桜も咲いてきましたので、 今日はJoy Springのコード進行アナライズについてです。 Bb管...

転調の多い曲の練習のコツ

まず、この曲には6つのKeyのツーファイブ進行が登場しますが、 
こういった転調の多い曲を練習するときのポイントがあります。

1番頻出度の高いツーファイブ進行からフレーズを練習していく

例えば、Joy Spring (In C)の場合、
「Gm7 C7」「Abm7 Db7」のツーファイブ進行が何度も出てきます。

より多く出てくるKeyのツーファイブ進行から練習していくことで、
曲の多くを占める部分をクリアできる、ということになるので、効率が良いです。

できれば何パターンかフレーズを用意しておいて、
バッキングを流しながら「次はあのフレーズ」「次はこっちのフレーズ」という風に
その場で好きにフレーズを選んで演奏できるようになるのが理想です。

何パターンか用意するフレーズにもコツが!

フレーズをストックする際、同じKeyのツーファイブだからと言って、
似たような音形のフレーズを選んでしまうと、

■似ていて覚えにくい
■聴いていて変化が無く、つまらない

というデメリットが出てきてしまいます。

そこで、同じKeyのツーファイブフレーズをいくつかストックするときには、

少し違うタイプ(音形・出だしの休符・使われているテンション音・・etc)
のフレーズを選ぶ

ということがポイントです。

難しいツーファイブ進行は、最初は休符のままでOK

いきなり全てのKeyのツーファイブに対応しようとすると難しいので、

まずは演奏する箇所を、1つのKeyのツーファイブ進行にしぼる
(例えば頻出度の高いGm7 C7の箇所だけ演奏するぞ!という感じ)

そのKeyに対して複数のフレーズを用意する
(例:Gm7 C7のツーファイブフレーズをいくつか用意する)

そのKeyのツーファイブ進行が出てくる度に、毎回違うフレーズを出せるようにする
(例:Gm7 C7の進行が出てくる度に、違うフレーズを演奏できるように訓練する)

と、フレーズの定着率が高まると思います。

最初は、他のKeyのツーファイブ進行は、休符のままで結構です。

無理にフレーズを入れようとして、ぐちゃぐちゃになり、
結局なにも覚えられない、というのではもったいないからです。

そして、慣れてきたら他のKeyのツーファイブ進行もやってみようという感じで
転調の多いコード進行の中に、自分の演奏可能な範囲を増やしていくのです。

転調の激しい曲:アドリブ例

例えば、私は以下のような感じでアドリブしてみました。
↓↓↓

Joy Spring アドリブコピー譜( improvised by 渋谷菜々子 )

Joy Spring ジョイ・スプリング アドリブソロ コピー譜 - nanako-jazz - BOOTH
お支払い後、すぐに楽譜のPDFファイルをダウンロードしてお使いいただけます。 この商品は、私が演奏しYouTubeにアップした動画から採譜した楽譜です。 ジャズを練習されている方に最適です。 実際のアドリブ演奏から譜面を書き起こしたものなので、実践的なアドリブの研究にもおすすめです。 この譜面を書き譜として練習し、ライ...

In C, In Bb, In Eb それぞれの楽器に対応しています。

「金額を上乗せして応援」というボタンがあるのですが、
もし応援していただけましたら嬉しいです!

私のYoutubeでのアドリブ演奏をコピーした譜面を、
他にも何曲か以下のページよりご購入いただけます。

アドリブコピー譜 ページ

アドリブコピー譜
私が演奏し、YouTubeにアップした一部の動画のアドリブから採譜した楽譜をご購入いただけます。 ...

最近全曲購入してくださる方もいらっしゃり、とても嬉しく思っています。
ありがとうございます。

今後もアドリブコピー譜を少しずつ増やしていく予定です。

上級編ですが・・

ツーファイブフレーズも、
覚えたそのままの形で演奏してみたり、フレーズの頭やお尻を少し削ってみたり、
1小節のツーファイブ進行に対して、ロングツーファイブの1小節目だけ使用してみたり、(これはちょっと文章では伝わりにくいですが・・)

色々と臨機応変に演奏できるようになると、
アドリブフレーズのコピペ感が減って、自然な演奏になります。

Sponsored Links