Yardbird Suiteのアドリブ方法

Yardbird Suiteは、課題曲になることが多いようで、
よく生徒さん方から、アドリブ方法についてご質問をいただくことが多いです。

今回は、Yardbird Suiteのコード進行の解釈やアドリブ方法を記事にします。

Youtubeに最近アップしましたこちらの動画でも、
今回紹介させていただくコード進行の解釈やアドリブ方法で演奏しています。
もし練習の参考になりましたら嬉しいです♪

Yardbird Suite – Jazz Flute Improvisation –

ツーファイブフレーズを当てはめる

Yardbird Suiteのコード進行には、
ツーファイブのフレーズを当てはめられるところがたくさんあります。

そこをばっちり押さえることで、
Bebopらしい、ドミナントモーションが心地よい、
チャーリーパーカー感のあるアドリブを演奏することができます。
yardbird-twofive

5〜6小節目のD7 | G7は、
Dm7 | G7というツーファイブのコード進行として解釈する

と、演奏しやすく、サウンドしやすいです。

この曲のKeyであるC△7に解決するツーファイブですので、
裏コードフレーズやオルタードフレーズも使用可能です。

3〜4小節目のC7 Bb7 | A7は、
Em7b5 | A7というマイナーツーファイブのコード進行として解釈する

と、演奏しやすくサウンドしやすいです。

サビの部分は、Em7に解決するマイナーツーファイブ(F#m7b5 B7)も登場するので、
マイナーツーファイブの良い練習になります。


ツーファイブのフレーズを集めるのに、
フレーズ集を活用するのも良いと思います。
私が愛用していたフレーズ集を、こちらで紹介させていただいております。

お勧めの教則本
最近よくお勧めの教則本はありますか?という質問をいただくので...

ペンタトニックで自由に演奏する

Cメジャーのダイアトニックコード、またはそのコードに4度進行するコードの間は、
Cメジャーペンタトニック(=Aマイナーペンタトニック)フレーズが使えます。
yardbird-penta

この曲はかなり大まかにとらえると、

Aセクションの部分は
Cメジャーペンタトニック(Aマイナーペンタトニック)フレーズ1発

で演奏できなくもないのですが、

2小節目のFm7 Bb7というコード進行の箇所は注意が必要です。

フレーズによっては、CメジャーペンタトニックのEの音と、
Fm7のEbの音がぶつかり、とても違和感が感じられるからです。

Cマイナーペンタトニック(Cブルーノートスケール)でフレージングすると、
2小節目のFm7 Bb7の箇所でもあまり気にすることなく演奏することができます。

ただしこの曲はあくまでも「CメジャーのKey」の曲ですので、
ずっとCマイナーペンタトニック1発で演奏するのは、少しもったいないです。

Eナチュラルの明るい音(Cメジャーペンタに含まれる音)も使うのがオススメです。


サビの部分は、
Emに解決するF#m7b5 B7のツーファイブワンの間は「Eマイナーペンタ」
Dmに解決するEm7b5 A7のツーファイブワンの間は「Dマイナーペンタ」

で演奏すると、サウンドしやすいです。

ペンタトニックについての詳しい記事はこちらになります。
フレーズ例などが載っています。

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ2
さて本日は「マイナーフレーズの攻略法パート2」です。 前...

7thフレーズを使う

ツーファイブフレーズを当てはめる、という最初の項目で、
5〜6小節目のD7 | G7 というコード進行は
Dm7 | G7というツーファイブに解釈を変えることをオススメしましたが、

4小節目から見ると、
せっかくの「A7 → D7 → G7」という7thコードの連続ですので、
7thのフレーズをうまく連結して演奏するのも、ビバップらしくてカッコ良いです。

7thフレーズは、Bebopの醍醐味ですので、ぜひマスターなさってください♪

7thフレーズについての記事はこちら

アドリブへの最短ルート:7thコード
今回は、アドリブをとるときに一番大切なフレーズ・考え方をご紹...
Sponsored Links