St.Thomasのアドリブ方法

今日からスタンダードのコード進行に対して、
実際どんなフレーズを使ってアドリブをしているか

Youtubeと連動させて解説していきたいと思います。

St.Thomas

St. Thomas – Jazz Flute Improvisation –

こちらの動画では、このようにアドリブしています。
st-thomas

赤いコード進行がこの曲のコード進行です。

その下に、1〜4コーラス目までの、アドリブのフレーズ内容が書いてあります。

Cメジャーペンタって・・

Cメジャーペンタトニックというのは、
このようなスケールから成り立っています。

ブルーノートが含まれたフレーズをストックして(←これが大切です)使用します。
Cmaj-penta

この動画では、Bill McbirnieさんBilly Boyの演奏から頂いたフレーズを
たっくさん使っています!
bill-mcbirnie

Billy Boyは転調がなく、ずっとCメジャーのKeyで進んでいく曲なので、
Bill Mcbirnieさんの演奏では、
ほぼ「Cメジャー1発」「Cメジャーペンタ1発」でアドリブされています。

Amazon Prime Musicで聴くことができます。

ディミニッシュパターンフレーズって??

Dm7 | G7のところでディミニッシュのパターンを使っていますが、
こちらで使っている「ディミニッシュスケール」はこれです。

G7コンビネーションオブディミニッシュ(通称コンディミ)スケール
G7-diminish

このスケールを元にしたパターンを、演奏しています。

Sponsored Links