I’ll Close My Eyesのアドリブ方法

今回のジャズスタンダードのアドリブ方法は、
I’ll Close My Eyesです。

かなり前に撮ったYoutube動画との連動記事なので、
少し恥ずかしいのですが、
セッションなどでよくやる曲だと思いますので、アップします!

I’ll Close My Eyes

I'll Close My Eyes – Jazz Flute Improvisation –

上の動画では、以下のようにアドリブしています。

illclose-1

illclose-2

赤いコード進行が実際のコード進行です。

その下に、1〜3コーラス目までの、アドリブのフレーズ内容が書いてあります。

この曲のオススメは・・

何度も出てくる「Cm7 | F7」というツーファイブのコード進行のところで、

少しアウトしているサウンドの、

裏コードのツーファイブフレーズ(オルタード系のツーファイブフレーズ)

を何度も演奏しています。


「Bm7b5 | E7」というマイナーのツーファイブの箇所では、

ブルーミッチェルがI’ll Close My Eyesで使用しているフレーズ

をそっくりそのまま使用しています。

「この曲では、このアーティストのこのフレーズを絶対使ってやるんだ!」

というような思い入れのあるフレーズをアドリブに使うのも、楽しくてオススメです。

無調性のフレーズって・・・

7段目の「Am7b5 | D7 | Gm7 | C7 」のコード進行の箇所で、
無調性のフレーズ、というのを使用していますが、

調性がない=Keyが特定できないフレーズ

のことを無調性のフレーズと呼んでいます。

no-key
こんな風に、同じフレーズを、半音でどんどん上げたり下げたりすると、

Keyが特定できず、不思議なサウンドになるので、

アドリブの雰囲気が一気に変わります。
たまに使ってみると、面白いです。

無調性なので、どのコードのときに使っても OKです。

Sponsored Links