アドリブフレーズ集の選び方

おすすめのアオドリブフレーズ集はありますか?
というご質問をよくいただくので、

私のオススメのフレーズ集と、
私なりのフレーズ集の選び方について、ご紹介させていただきたいと思います。

私のオススメフレーズ集はこれです

まず、私のオススメのフレーズ集は、
エッセンシャルジャズラインという本です。

・| Dm7 | G7 | の、2小節のツーファイブ(ロングツーファイブ)
・| Dm7 G7 | の、1小節のツーファイブ(ショートツーファイブ)
・| C△7 | C△7 | の、メジャーセブンスフレーズ
・| Dm7b5 | G7 | の、2小節のマイナーツーファイブフレーズ
・| Dm7b5 G7 | の、1小節のマイナーツーファイブフレーズ
・| Cm | Cm の、マイナートニックフレーズ

が、分類されて、見やすく盛りだくさん載っていて、

しかも、上記のような感じでフレーズを種類別に載せてあるのって、
相当便利です。

「2小節」と「1小節」のツーファイブでそれぞれ紹介されていると、
すごく助かりますし、
意外と、フレーズがそのように記載されているフレーズ集って少ないかもしれません。

そして、移調楽器のEb・Bb管にも対応しているので、使いやすいと思います。

また、「チャーリーパーカー版」「ウェスモンゴメリー版」など、
レジェンド別に、本が分かれているところも、使いやすいと思います。

私は、チャーリーパーカーとキャノンボールアダレイ版を、
相当使いました。

詳細につきましては、こちらの記事でご紹介させていただいています。
是非チェックしてみてください♪

お勧めの教則本
最近よくお勧めの教則本はありますか?という質問をいただくので...

フレーズ集の選び方

楽器屋さんなどでツーファイブフレーズ集は沢山売られていますが、
選び方に、注意が必要なのかも、と思います。

生徒さんに

「フレーズ集のフレーズをアドリブで使っても、なんだかパッとしなくて・・」

とご相談いただくときに、
フレーズ集を見せていただくと、以下のような点が共通していると思います。

スケール練習っぽいフレーズばかり載っている

なめらかなラインのフレーズは美しいのですが、
そればかりでアドリブをしてしまうと、
なんだかスケール練習っぽく聴こえてしまいます。

フレーズを比較すると・・

例えば以下のようなフレーズのみをソロで使ってしまうと、
「スケール練習」っぽく聴こえ、
ジャズらしく聴こえない原因となります。twofive-smooth
見た目にも、音符が右肩上がりからの、右肩下がり、という感じで、
隣り合った音符が多い印象です。

もちろんそのようなフレーズも使うべきですし、全く悪いわけではないですが、
ビバップらしいアドリブをするときには、
少し動きがあるものも取り入れると、ジャズらしくて、かっこいいな、と思います。

例えば、同じなめらかなフレーズでも、
以下のように、最初の数音が3度ずつになっていたり、
twofive-jump
以下のように、動きが少し派手だったりすると、聴いていてわくわくします。
twofive-colorful

アドリブは、フレーズを頭の中にストックして行うものなので、
最初のフレーズ集めの段階が非常に大切です。

是非、お気に入りのフレーズでアドリブにのぞめるよう、
より良いフレーズ集を使う、といった工夫も必要かもしれません。

Sponsored Links