イパネマの娘のアドリブ方法

今回のスタンダードのアドリブ方法は、

「イパネマの娘」です。

ボサノバでは、フレーズの内容は変えず、フレーズをイーブンで演奏すること
意識することが大切です。

Youtubeと連動させて解説していきたいと思います。

The Girl From Ipanema

The Girl From Ipanema – Jazz Flute Improvisation –

上の動画では、このようにアドリブしています。
ipanema-1

ipanema-2

赤いコード進行がこの曲のコード進行です。

その下に、1〜2コーラス目までの、アドリブのフレーズ内容が書いてあります。

この曲のポイントは・・

3〜4小節目の「G7 |G7 」というコード進行の箇所では、

G7を5度セブンスにして、
「Dm7 | G7 」のツーファイブフレーズを演奏
まず「Dm7 | G7 」のツーファイブを想定し、
この2小節に「Dメロディックマイナー」を演奏

と2つの方法でアドリブしています。

メロディックマイナーから作られたフレーズにつきましては、
こちらの記事で少しだけ紹介しています。

マイナートニック攻略法
以前の記事で、メジャーセブンスの攻略法を書きました。 ...

「 Gm7 | F#7 | F△7 」というコード進行の箇所では、

Gm7 | C7 のツーファイブフレーズを演奏しています。

F#7はC7の裏コードなので、
普通の、F△7に向かうツーファイブを演奏するとピッタリ!なんです。


サビでは、「 B7 」「 Eb7 」の箇所でディミニッシュのパターンも演奏しています。

結構ツーファイブフレーズが必要

この曲は、同じコードが何度も何度も出てきてしまうので、

メジャーセブンスのフレーズと、
ツーファイブフレーズのストック

が結構大事になってきます。

フレーズ集などで、手っ取り早く集めてしまうのも、
時間がない方にとっては、とても良いことだと思います。

私がずっと使っていたフレーズ集は、こちらでご紹介しています。

お勧めの教則本
最近よくお勧めの教則本はありますか?という質問をいただくので...

好きなアーティストごとに本が分かれていて、

「ロングツーファイブ」「ショートツーファイブ」
「メジャーセブンス」「マイナートニック」

など、

フレーズの分類分けが非常に分かりやすくされている

ので、オススメです。

Sponsored Links