3-6-2-5が難しすぎる

曲の最後の段で、コード進行がこうなっていること、よくありませんか?
another-you-last
( There Will Never Be Another Youの最後の段より)

アナライズすると、「ツーファイブの解決」の連続であることは分かるのだけど、
この通りにアドリブするのはあまりにも難しい・・・と感じませんか?

3-6-2-5のシンプルな攻略法

今回は曲の最後の「3-6-2-5の攻略法」について紹介させていただきます。

下の画像のように、

「1度であるメジャーセブンスコード」に向かって4度進行が続いているとき、
全てを無視して、メジャーセブンス4小節という風にとらえることができます。

all-major-7th
全てを無視して、メジャーセブンス4小節という風にとらえると、

メジャートニックのフレーズや、メジャーペンタトニックのフレーズのみで
4小節を演奏することができ、

細かいことを考えなくて良いのでとても楽です。

注:Ab7は「Gm7へ解決するD7の裏コード」なので、4度進行している、と捉えます。
substitute-7th

1発とツーファイブを組み合わせると、手数に困らない

メジャートニック1発だと、逆に手数に困る、という方は、
ツーファイブとメジャートニックをうまく組み合わせると、演奏しやすくなります。

下の画像のように、最初の2小節はEbメジャー1発で、
次のFm7 Bb7のツーファイブはコード進行通り演奏すると、こんな感じです。
penta-plus-twofive

コード進行通りに演奏するときは、マイナーへ向かうツーファイブを使う

もちろん元々のコード進行を生かして、
ツーファイブを全て連結させるのも素晴らしいです。

その場合、

「マイナーセブンスへ4度進行するツーファイブ」は、
マイナーへ向かうツーファイブとして解釈して演奏

する方がサウンドしやすいです。

下の画像の1段目が「元のコード進行」、
2段目が「Ab7を裏コードにする前のD7に戻し、Fm7へ向かうGm7 C7のツーファイブを、
マイナーへ向かうツーファイブに変えたバージョン」、
3段目が「Eb△7をAm7b5に変えて、Am7b5 D7のツーファイブに変えたバージョン」です。

how-to-change

最後の段は完全に4度進行だけのコード進行になるので、楽です。

2段目か3段目の解釈で演奏すると、サウンドしやすいのでオススメです。

Eb△7とAm7b5はコードと構成音が似ているので、このように解釈して問題ありません。

Sponsored Links