かっこいいフレーズ、持て余していませんか?

いわゆるツーファイブとかではない、

コンテンポラリーなかっこいいフレーズを演奏したい、

と思ったことはありませんか?

コンテンポラリーな必殺フレーズ

例えばこんな感じの、前衛的なフレーズです。

modern-phrase

このフレーズを分析してみると、「レからソ、ソからド、ドからファ」と
全て「4度の音程」になっています。

このフレーズ自体に調性(Key)はなく、
アウトしているような、モダンな雰囲気を出すことができます。

ですがこういうフレーズって、

いつ使うと良いのだろう?
始まり方は?終わり方は?
効果的な使い方はあるの?

と疑問に思ってしまいますよね。

せっかくカッコ良いのに、持て余しがちです。

こういった前衛的なフレーズを、
「誰でも使いこなせる簡単なコツ」があるんです。

必殺フレーズを持て余さないコツ

その簡単なコツとは、

ツーファイブと組み合わせる

というものです。

なーんだ、それだけです。

冒頭でご紹介したような無調性なフレーズは、
Keyが無いだけに、どんなコードで演奏してもOKです。

ですが、無調性のフレーズをただ吹きっぱなしだと、
デタラメを演奏しているように聞こえてしまいます、、。

そこで、ツーファイブフレーズと組み合わせて演奏することで、
しっかりコードもあらわしつつ、無調性のモダンな感じを表現することができます

例えばこんな感じで組み合わせてみましょう

例えば先ほどの必殺フレーズを、
Cm7が4小節連続するところで使ったとします。
(Recorda Meの2段目を想定してみました)

minor-4-de

 
必殺フレーズにCm7 | F7のツーファイブを付け加えるだけで、
一瞬アウトしたようなかっこよさの後に、コードをしっかり表現することができます。

尻切れとんぼにならず、安定したソロに戻ってくることができますね。

ツーファイブフレーズとうまく組み合わせるのは難しいのですが、

組み合わせ方を2通りくらいあらかじめ作っておくと、

ソロで使うことも簡単になってきます。

Sponsored Links




Comment

  1. Nanako Shibuya より:

    ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 通りすがり より:

    ためになりました。
    参考にさせて頂きます。