何度も同じフレーズが出て来てしまう・・

フレーズを覚えて、バッキングに合わせてアドリブの練習をしていると、
同じところで、何度も同じフレーズを使ってしまう・・ということはよくありますよね。

実はこれ、そんなに「悪いこと」というわけではないんです。

同じフレーズが出てくることは素晴らしいこと

コード進行を見たときに、
条件反射でパッと出てくる/出てきてしまうフレーズがある
というのは素晴らしいことだと思います。

それだけフレーズが身についているという証拠です。

指癖にしてしまって、自動演奏できるようにしておくと、
アドリブ中に他のことも色々考えられるようになるからです。

1人で楽器を練習していると、
つい自分に厳しくなりがちですが、
練習はストイックに、でも練習結果に対して自分を責めすぎない、
ということも大事です。

同じフレーズは避けたい!というときの対処法

だからといって、1つのソロの中で3〜4回同じフレーズを使っていると、
自分でもどうしても気になってしまいますよね。

その場合は、

同じフレーズを使ってしまう、というコード進行に対して、
もう1つか2つフレーズを覚えて、
これからの練習では一切、今まで使っていたフレーズを使わない、
新しいフレーズを必ず使う

と心に誓って、またソロを演奏してみてください。

今まで何度も使ってしまっていた、自分の常套フレーズは、
しばらく演奏していなくても、意外と覚えていられるものなので、
勇気を出して、いったん演奏するのをやめてみましょう。

そうすると、ソロを吹いているときに、
新しいフレーズも、前によく使っていたフレーズも、
そのときの気分で、どちらも使えるようになります。

対処法という割には、当たり前の方法じゃないか、と思うかもしれませんが、
受験勉強のように、「苦手な箇所から1つずつつぶしていく」ような気持ちで取り組むと、
効率的に上達することができます。

Sponsored Links