ジャズアドリブセミナー 2020年2月10日(月)Bコース、2月24日(祝・月)ジャズスタンダードコース ご参加受付中です! 詳しくはこのオビをクリック

ロストしてしまうのをなんとかしたい

この記事は約3分で読めます。

生徒さんたちのなかで一番多いお悩みが、
「ロストしてしまうのをなんとかしたい」
というもの。

やはりこのお悩みが一番多いです。

セッションなどでロストしてしまった経験があり、怖くなってしまった
また、他の人のソロのときに、一生懸命数えていないとどこか分からなくなる
4barsをやっていると分からなくなる

などなど色々ありますよね。とても身に覚えがあります。
(みなさん誰しもそういった経験はありますので、心細く思わないでくださいね!)

今日はこのお悩みを、少しでも解消できるような普段からのコツをご紹介します。

コード進行を、なんとなーくとらえられるようにする

みなさん、カラオケで歌われたことありますか?

カラオケで歌っているとき、カラオケ音源を聴いていれば、
画面を見なくても、
「いまサビだなあ」「いまAメロだなあ」ってなんとなーく分かりますよね。

もしサビでAメロを歌ってしまったら、
なんとなく調子外れなのを感じられると思います。

その要領で、他の人がソロをとっているときに、

今はサビなのか
今は1回目のAなのか

ということ「だけ」を気にしてください。

それさえ分かっていれば、実は大丈夫なんです。

人がソロをとっているときや、自分のアドリブ中も、
下の画像のように、コード進行をザックリととらえてみましょう。

chords-easy

「今この辺にいるな」というのが分かってさえいれば、
落ち着いていられます。

何段目にいるのか?

Aメロ、サビ、などのざっくりした単位以外にも、

「何段目にいるのか?」

というのが分かると、自分がアドリブを演奏しているときに、
なおロストしにくくなります。

コード進行を「何小節目」ではなく、
「何段目」という数え方をするのがポイントです。

「え、段ってどういう意味?」と思われたかもしれませんが、
「4小節で1段」という意味です。(下の画像のようなイメージです)

chords-easy3

人間なので、1小節くらいコードを忘れることは必ずあります。

そのときに、

ロストせず、今演奏されている場所に戻ってこられるかどうかは、
次の段で復活できるかどうか、にかかっています。

次の段がサビだな、次の段が2回目のAメロの2段目だな、、、など

それさえ分かっていれば、一瞬頭が真っ白になっても、
無事に戻ってこられるようになります。

chords-easy2

流れをまとめますと・・

サビを演奏しているのが分かる

サビの1段目にいるのが分かる

ということは、ワンコーラスのこの辺にいるんだな

という脳内になっているイメージです。

こんな風に自分の現在地を把握できれば、ロストしなくなります。

一生懸命小節数を数えたり、コード名を思い出したりせず、

「あ、いまこの辺かな〜」

と、なんとなーく自分の現在地をとらえられるようになると、楽です。

次回も、ロスト対策の記事を書きたいと思います。
次回「ベースを聴け、は難題すぎる?!」をお送りします。
(サザエさんのタイトルにありそう)

コメント

タイトルとURLをコピーしました