Fブルースのアナライズとフレージング例

この記事は約4分で読めます。

Fのブルース(A.sxはD、T.sx,TpはG)はセッションで多く演奏されます。
有名な曲も多い印象です。

F Blues
■Now’s the time
■Straight no chaser
■Billie’s Bounce
■Cool Struttin’
など

アドリブの字幕付き動画・Fブルース

Fブルースのアドリブ演奏に、どんなフレージングをしているか字幕を付けてみました。
今回の記事と合わせてご覧ください。→こちらをクリックすると、新規タブで開きます。

Fブルース – Cool Struttin’のアドリブコピー譜はこちらからご購入いただけます。

Cool Struttin' クール・ストラッティン アドリブソロ コピー譜 - nanako-jazz - BOOTH
お支払い後、すぐに楽譜のPDFファイルをダウンロードしてお使いいただけます。 この商品は、私が演奏しYouTubeにアップした動画から採譜した楽譜です。 ジャズを練習されている方に最適です。 実際のアドリブ演奏から譜面を書き起こしたものなので、実践的なアドリブの研究にもおすすめです。 この譜面を書き譜として練習し、ライ...

F Bluesのアナライズ

コード譜にアナライズを記入します。

■ツーファイブにカギカッコ
■7thコードから4度進行しているところに矢印

を書いて、曲の構造をアナライズをしていきます。

in C楽器の場合

Fblues

in Eb楽器(アルトサックス)の場合

Fblues-eb

in Bb楽器の場合(テナーサックスやトランペット)

Fblues-Bb

 

F Bluesのフレージング

ブルースのコード進行では、ペンタトニックフレーズで大きくフレージングできることがわかります。フレージングが自由になり、とてもブルージーなサウンドになるので、オススメの手法です。

■メジャーペンタを選べば明るく、マイナーペンタを選べばよりブルージーになります。
■特にマイナーペンタは12小節を通して使うことができる万能フレーズです。

in C楽器の場合

Fblues-C-2

in Eb楽器(アルトサックス)の場合

Fblues-Eb-2

in Bb楽器の場合(テナーサックスやトランペット)

Fblues-Bb-2

F Blues アドリブのポイント

ペンタトニックスケールでのフレージング

ブルースでは、多くのアーティストがそうするように、
「ペンタトニックスケール」を用いたアドリブが非常に有効です。

ペンタトニックスケールは、ブルージーな響きがするので、
7thコードが多いブルースにはぴったりなんです。

ペンタトニックスケールには

■メジャーペンタトニックスケール
■マイナーペンタトニックスケール

の2種類があるので、この使い分けも重要です。

アドリブにペンタトニックスケールを用いる際、
ただスケールを行ったり来たりするだけでは非常にかっこわるい演奏になってしまうので、
まずは既存のかっこいいフレーズを身につけることをオススメします。

オススメのペンタトニック ジャズアドリブフレーズ集

おいしい&グッとくるフレーズのみを厳選しました。
ペンタトニックフレーズやその他フレーズを248個掲載しています。
詳細はこちらからご覧いただけます。

「ペンタトニック」の「ジャズアドリブフレーズ集」販売開始しました
本日より、私が制作した ジャズアドリブフレーズ集Vol.2 よく出るキー順 ペンタトニックと3-6-2-5-1進行のフレージング の販売を開始しました。 C楽器用・Eb楽器用・Bb楽器用・低音楽器用の4種類をご用意しています。 ジ...

ツーファイブではないところもツーファイブに

ブルースの3〜4小節目のような

■ツーファイブ進行ではないコード進行にも、ツーファイブ進行を想定することができます。(記事冒頭のフレージング例をご参照ください)
このようにツーファイブ進行を想定できる(一例)
blues-2

↓ブルースでのツーファイブ進行想定方法は、こちらの記事で詳しく説明しています。

ブルースのアドリブ方法論
今日は数あるブルースのアドリブ方法の中でも、 簡単に「内容の濃い」ブルースソロをとれる方法をお伝えさせていただきたいと思います。
■ツーファイブ進行を想定したコードに対し、ツーファイブフレーズを使うことができます。

他にも、ツーファイブ進行では、

■ツーファイブフレーズを演奏する
(4度進行して解決しているところではオルタードツーファイブフレーズも使える)
■ペンタトニックフレーズを演奏する
■ディミニッシュフレーズを演奏する

など、いろいろなアドリブ手段が考えられます。

オススメのツーファイブ ジャズアドリブフレーズ集

ツーファイブのジャズアドリブフレーズ集を発売しました。
私が11年かけて書きためた、とっておきのフレーズを256個掲載しています。
詳細はこちらからご覧いただけます。

他にはない「ジャズアドリブフレーズ集」が完成しました
他にはないような、本当に役に立つフレーズ集を作ろう!と思い、 11年ほどかけて書き溜めてきたジャズレジェンドたちのフレーズをまとめました。 ダサいフレーズは1つも載っていない、という自負があります! 今回の記事では、他にはないフレーズ集のポイントをまとめました

ブルースは途中アウトさせても面白い

ブルースを何コーラスも演奏する場合、ずっとインサイドで演奏すると飽きてしまうかもしれないので、たまにアウトさせると面白いです。

私のYoutubeの字幕動画でも、そのように演奏しているところがあります。
(アドリブ字幕では、アウトさせたところをAtonality Patternと表記しました。)

以下が、アウトさせていく無調性フレージングのアイディアです。

私が普段よく使うアウトフレーズ6選
これらのアウトのパターンフレーズはどんな風に使ってもOKです。アドリブなので自由なんです。ただし、「ただのデタラメ」に聴こえないために、ちょっとしたポイントがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました