今後のセミナー日程(5月)

いつもありがとうございます

私は人とお話しするのが最近とても好きです。

大学生の前半の頃は、人と話すって、親しい人以外ですと、
何話して良いやら分からず・・・だったのですが、

大学生後半の頃から、

人と話すって、学びが多くて、知らないことがわかって、
その人のことを好きになることしかなくて、
人のことを知るというのは、その人を好きになっていくことなんだなあ、

と思うようになりました。

特にレッスンのお仕事を始めてから、
人と知り合うと、どんどん人のことが好きになるなあ、嬉しいなあ、
という思いが強くなりました。

レッスンでは、私がアドリブを教えていますが、
生徒さんは私と違う人生を歩まれてきたので、
若造の私としては、どの方からも物凄く沢山のことを教わっている気分です。

このブログを読んでくださる方、
レッスンにいらしてくださっている方、
セミナーにいらしてくださっている方、
譜面やメールレッスンの依頼をくださる方、

みなさん本当にいつもありがとうございます。

ブルースコースは新しいコースなのですが・・

ブルースコースは新しいコースなので、
ただいまテキスト作りの仕上げの真っ最中です。

このコースのテキストを作るにあたって、
色々なアーティストのブルースソロをコピーしていたのですが、
非常に勉強になり、収穫の多い一週間でした。

今後の演奏にたくさん活かせそうで、ルンルンしています。

ゼロの状態から、ビバップ!!なブルースソロを

たくさんのアーティストのブルースソロをコピーしていたときに、
「ああこうやると、ブルースらしい色がうまく出せて、凝ったこともできるんだな」
という発見が色々ありましたので、

今回はそれを沢山お伝えするセミナーになります。

どのようにブルースソロの練習をすすめていくと、
全くゼロの状態から効率よく、

7th特有のサウンド+ビバップ特有のサウンド

を即興演奏できるようになるか、お話させていただきます。

方法さえ分かると非常に簡単ですので、どなたでもマスターできます。

たかが12小節ですが、かなりの可能性を秘めた12小節なので、
練習の順番が大切です。

集めにくいペンタフレーズもたっぷり

テキストには、今回フレーズを盛りだくさん載せています。
(参考音源もお渡しします)

ファンキーでありながらビバップらしい、

ペンタトニック+ブルーノートの
メジャー系
マイナー系
のフレーズ

を、今回新たに色々なアーティストをコピーして収集し、
たくさ〜んテキストに記載しています。(各楽器対応の移調譜つき)

ペンタフレーズって、なかなかフレーズ集みたいなものには
載っていないんですよね。

もちろんペンタ以外のフレーズも、たくさん使いますよー!

5月セミナー日程決定

5月は以下の日程でセミナーを開催することが決定いたしました。

練習のヒントや、フレーズが盛りだくさんのセミナーとなっておりますので、
ご都合のよろしいお日にちに、いらしていただけましたら嬉しいです。

5/13(日)13〜16時 Aコース
5/20(日)13〜16時 Bコース
5/27(日)13〜15時 ブルースコース
詳細はこちらからです。
 
https://jazzsounds.net/improvisation-seminar

実はBコースがお勧め

実はBコースもお勧めです。
初めていらっしゃる方にもかなりお勧めです。

Bコースは、実際のスタンダードを、

どの曲から、どんな考え方で、
どんなフレーズを使って練習していくのか、

順番に全て記載していますので、
テキストを1冊ご活用いただきますと、

Oleo
Confirmation
All The Things You Are
Wave
All Of Me
I’ll Close My Eyes
My One And Only Love
You’d Be So Nice To Come Home To

これだけの曲のアドリブが演奏できるようになります!

以下のページより、ご希望のお日にちをお知らせください。

コンタクト
ご連絡の際は以下のフォームにご入力の上、送信ボタンを押してく...
Sponsored Links