なんか素人っぽいよね、の原因

なんだか自分のアドリブがダサいなあ、、
なんか素人っぽいんだよなー、、

と感じる時、
原因になっていることは、大体これだったりします。

素人っぽいアドリブだなあ、と感じる原因 

よくある原因の1つはズバリ、

コードトーンを単発で演奏してしまう

ことです。

・フレーズがうまく出てこないとき
・コードチェンジが激しくて、ついていけないとき
・とりあえず何か演奏しないと、と思ってしまうとき

結構やってしまいがちなんです。

例えばどんな感じか、音源を作ってみました。

かっこわるいアドリブ例

フレーズが浮かばなくて、
苦し紛れにコードトーンを単発で演奏してしまった演奏例です。

amateur-1
コードトーン単発で、自信なさげ&頼りない音
には
赤い矢印をつけてあります。

たしかにフレーズが浮かんでこないと、
空白にするのが怖いので、コードトーンをプップッと単発で演奏して
ごまかしてしまいがちですよね。

ですが、上の例のように、

フレーズになっておらず、
確信が持てないような音を出すのであれば、
思い切って、潔く休符にしてしまった方が、

断然イケてます。

・休符にした方がかえってソロがスッキリする
・次にどんなフレーズで立て直そうか、自分と相談する時間もできる

という利点があります。

苦し紛れのコードトーンはむしろ無い方が良い

先ほどの、苦し紛れに音を出してしまった箇所を休符にすると、
このような感じになります。

amateur-2

こちらの方が断然良いですよね。

空白を埋めたくなるのをぐっと我慢して、
次にどんなフレーズを持ってくるか

に集中してソロをとると、素人感を脱出できます。

どうしても空白が続きすぎてしまう場合は、
演奏する前に、脳内で、
どのフレーズをどこで使うのか、作戦会議をしてからアドリブに臨みましょう。

適当にコードトーンを演奏してしまうと、
せっかくの成長のチャンスを潰してしまいます。

12/23(祝・土)のセミナー、まだご参加いただけます

12/23(祝・土)にジャズアドリブセミナーを開催いたします。

前日までご参加のご連絡を受け付けておりますので、是非お越しください。
有意義なお時間にさせていただけますよう、しっかり準備してまいります。

ジャズアドリブセミナー Bコースについて
ジャズアドリブセミナー Bコースを開講しています。 本セミ...
アドリブの練習手順を、アドリブ材料となるフレーズとともに、
1からご紹介していくセミナーです。
Sponsored Links