効率良いジャズ練習のコツ

効率良いジャズ練習のコツ

効率よく上達するコツ2

「1つ1つは確実に練習する、だけれども、練習曲は複数曲用意する。」 私の今までの練習してきた経験から考察するに、 1曲ずつ練習するのではなく、3〜5曲をいっぺんに練習した方が効率が良いです。
効率良いジャズ練習のコツ

効率よく上達するコツ1

練習するときは、必ずテーマはひとつかふたつに絞りましょう。 そして決めたテーマ、やルールからは外れないことです。 全てを完璧にやろう、としてしまうと、必ず適当にこなそうとやっつけ仕事になってしまい、 結果よいものを作ることはできません。
効率良いジャズ練習のコツ

スケール練習は必要ないのか??

よく勘違いされているのが、教則本に載っている 「使用可能なスケール(アベイラブルスケール)」をアドリブに直接活かそう、 としていることです。 スケール練習はスケール練習、アドリブ練習とは切り離して考えるべきです。
効率良いジャズ練習のコツ

不調だったのに・・音がよく出る魔法の方法2

できるだけ癖のない、またピッチの良い、自分の好きな音であるアーティストのCDで、 何かスタンダード曲を一緒に吹いてみましょう。
効率良いジャズ練習のコツ

不調だったのに・・音がよく出る魔法の方法1

あまり良い音が出ないなあという日におすすめの魔法の方法があります。推測するに、上手な歌手の方の歌唱を聴くことで、 潜在意識レベルで腹圧が安定し、よい呼吸法がとれるのではないかと思います
効率良いジャズ練習のコツ

覚えたフレーズは忘れてしまってもOK

コードに対する理解が深まるのを、 新しいフレーズを覚えるたびに感じることができるでしょう。
効率良いジャズ練習のコツ

練習する時間がない→簡単に増やせます!

練習時間が思うようにとれず、悩んでいる方も多いと思います。 実はその練習時間、簡単に増やせるんです。
効率良いジャズ練習のコツ

フレーズをストックする方法

ひとつフレーズを覚えただけなのに、あっという間に何百曲も そのフレーズを使う場所ができた、ということになるんです。
効率良いジャズ練習のコツ

ツーファイブフレーズ集は使うべきではないのか?

よく楽器屋さんでツーファイブフレーズ集が売られていますよね。 こういう本を使うのは邪道なんじゃないか? ちゃんと自分で耳コピしなきゃ意味がないんじゃないか? と思うかもしれませんが、そうとも限りません。
効率良いジャズ練習のコツ

コードをグループ分けしよう

フレーズを集めるときのポイントは、 「トニック」「マイナートニック」「ツーファイブ」「マイナーへ向かうツーファイブ」 とフレーズをコードのまとまりでグループ分けすることです。
効率良いジャズ練習のコツ

好きな人のことは努力せず覚えられる

ストックしたフレーズでソロを組み立てる練習をするときに大切なことがあります。 それは、自分が心から好きだと思えるフレーズをストックする、ということです。
効率良いジャズ練習のコツ

12キーなんて無理だよ・・・

よくでてくるキーのツーファイブやトニックのフレーズを 優先的にストック・練習・暗記しましょう。
効率良いジャズ練習のコツ

練習ノートのススメ

アドリブを練習するときも、練習ノートを付けることでかなり効率がアップします。
効率良いジャズ練習のコツ

一瞬で演奏の悪い癖が治る魔法の方法

普段の練習から録音を行うことで、本番でソロを吹いているリアルタイムで、 自分の演奏がお客さんからどのように聴こえているか把握することができます。
効率良いジャズ練習のコツ

フレーズは数学でいうところの公式?

「フレーズを覚えるときには、何のスケールからどんな音の並べ順でできているかが分からないとアドリブは吹けませんよね?」という疑問をよく耳にします。その答えですが、「そんなことはありません。何も考えず、ただ覚えましょう!」です。
効率良いジャズ練習のコツ

使えるスケールは分かった、でもそれで??

「アドリブを勉強しよう」という最初の段階で、 スケールの音を並べ替えて自分でフレーズを作ろうとするのは大変危険な行為です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました