効率良いジャズ練習のコツ一覧

コード進行を覚えるのが楽になるコツ

コード進行が覚えられない、という悩みに、 私がいつも使っているとっておきの対処法があります。 それは「コードひとつひとつに感想を持つ」という方法です。 コードやコード進行に感想を持つことで、 頭の中に、 Irealbのアプリのようにコード進行の映像(画像)が次々出てきやすくなります。

記事を読む

全部コピーしなきゃだめ?

「通るべき音を理解したり、流れるようなラインを感覚で理解する」ためには、 好きなアーティストのソロを 最初から最後まで吹けるようにする、というのが一番効果的です。もちろん、毎回毎回全部コピーしなくてはならないわけでありません。

記事を読む

フレーズ同士がうまく繋がらないパート2

なんだかアドリブがただ当てはめたような感じだなあ、という方は、 フレーズの終わりの音を短く切りすぎている、ことが多いです。

記事を読む

フレーズ同士がうまく繋がらない

ツーファイブを当てはめる練習をしていても、ただ当てはめているだけという感じがして、 あまりアドリブをしている感じがしないのですが・・・という質問をいただくことがあります。 私も何年間か悩んだところであります。

記事を読む

効率よく上達!!〜リンク練習法〜

同じコード進行を含む曲を同時期に複数曲練習する、という方法です。繰り返し吹くことにより、覚えたいフレーズや歌い回しが定着し、 そのKeyの曲を吹くのが易しくなります。

記事を読む

効率よく上達するコツ2

「1つ1つは確実に練習する、だけれども、練習曲は複数曲用意する。」 私の今までの練習してきた経験から考察するに、 1曲ずつ練習するのではなく、3〜5曲をいっぺんに練習した方が効率が良いです。

記事を読む

効率よく上達するコツ1

練習するときは、必ずテーマはひとつかふたつに絞りましょう。 そして決めたテーマ、やルールからは外れないことです。 全てを完璧にやろう、としてしまうと、必ず適当にこなそうとやっつけ仕事になってしまい、 結果よいものを作ることはできません。

記事を読む

スケール練習は必要ないのか??

よく勘違いされているのが、教則本に載っている 「使用可能なスケール(アベイラブルスケール)」をアドリブに直接活かそう、 としていることです。 スケール練習はスケール練習、アドリブ練習とは切り離して考えるべきです。

記事を読む

不調だったのに・・音がよく出る魔法の方法2

できるだけ癖のない、またピッチの良い、自分の好きな音であるアーティストのCDで、 何かスタンダード曲を一緒に吹いてみましょう。

記事を読む

不調だったのに・・音がよく出る魔法の方法1

あまり良い音が出ないなあという日におすすめの魔法の方法があります。推測するに、上手な歌手の方の歌唱を聴くことで、 潜在意識レベルで腹圧が安定し、よい呼吸法がとれるのではないかと思います

記事を読む

Sponsored Links