フレーズ集の効果を倍増させる方法とは?

この記事は約2分で読めます。

ツーファイブやジャズのリック(単語)を学ぶのに
フレーズ集を使われる方も多いと思います。

今回はフレーズ集を使用する際の重要なポイントについてお伝えします。
three-phrasebook
私が制作したジャズアドリブフレーズ集(渋谷菜々子=著)
こちらよりご購入いただけます。

他にはない「ジャズアドリブフレーズ集」が完成しました
他にはないような、本当に役に立つフレーズ集を作ろう!と思い、 11年ほどかけて書き溜めてきたジャズレジェンドたちのフレーズをまとめました。 ダサいフレーズは1つも載っていない、という自負があります! 今回の記事では、他にはないフレーズ集のポイントをまとめました

フレーズ集の使い方について重要なポイント

販売中のフレーズ集や、お店に売られているフレーズ集を使う際、
練習の効果を本番でバッチリ発揮していくために重要なポイントがあります。

それは

覚えたフレーズは必ず他の曲で使い回すこと

です。

つまり・・

フレーズ集から覚えたフレーズをアドリブで使えるようになったら、
それらのフレーズを、同じコードが出てくる「違う曲」に流用するのがオススメ。

↓↓↓

例えば・・
I’ll close my eyesで使っていたフレーズを、
酒とバラの日々に流用したり、Just Friendsに流用したりすること。

↓↓↓

2〜3曲で同じフレーズを使っていると、
次第にコードとフレーズが結びついてくる。

販売中のフレーズ集 3ページ目
フレーズ集-p3

なぜフレーズを他の曲で使い回すべきなのか

覚えたフレーズを初めの1曲のみに使っている間は、
「枯葉用のフレーズ、All of meで使えるフレーズ」
というような認識になっていることが多い(これはよくない!)

コードとフレーズが頭の中で結びついていないため、他の曲に移った際に、
「コードを見ただけではアドリブができず、その曲のためのフレーズを再度集め直し、覚え直す」
という繰り返しになってしまう。

コードとフレーズが結びつくことで、
曲を追うごとに、演奏できるコード進行が着実に増えていく。

よく出るKey順とはどういうことか

現在販売中のフレーズ集は、よく出るkey順にツーファイブとトニックフレーズを
掲載していることもポイントの1つです。

phrases-book-p1

セッションでよく演奏される曲、や
一般的にジャズスタンダードの曲、といって挙げられるトップ50曲は
曲のKeyや、出てくるツーファイブのKeyが同じことが多いです。

移調して全てのKeyで、というのは後々できるようになれば良いと思うので、

■まずはいろんな曲で、ジャズの単語を正しく使いアドリブができる

ということを楽しむための、
トップ50曲によく出てくるKey・進行にマッチするフレーズ
を載せる
ことにしました。


他にもフレーズ集に関しましてご質問などございましたら、コメント欄にて受け付けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました