ジャズスタンダード練習法一覧

Just Friendsのアドリブ方法

アドリブのフレーズ内容で、「4度」を気にする必要はありません。 「4度だからリディアンを使わないと・・」など考えなくって、大丈夫なんです。

記事を読む

イパネマの娘のアドリブ方法

ボサノバでは、フレーズの内容は変えず、フレーズをイーブンで演奏することを 意識することが大切です。 Youtubeと連動させて解説していきたいと思います。

記事を読む

I’ll Close My Eyesのアドリブ方法

こんな風に、同じフレーズを、半音でどんどん上げたり下げたりすると、 Keyが特定できず、不思議なサウンドになるので、 アドリブの雰囲気が一気に変わります。 たまに使ってみると、面白いです。

記事を読む

St.Thomasのアドリブ方法

Billy Boyは転調がなく、ずっとCメジャーのKeyで進んでいく曲なので、 Bill Mcbirnieさんの演奏では、 ほぼ「Cメジャー1発」「Cメジャーペンタ1発」でアドリブされています。

記事を読む

ブルースのアドリブ方法論1

今日は数あるブルースのアドリブ方法の中でも、 簡単に「内容の濃い」ブルースソロをとれる方法をお伝えさせていただきたいと思います。

記事を読む

循環の曲の真ん中パート3

7thコードのときに、2度マイナーセブンスを想定することで、 ナチュラル9thやナチュラル13thなどのテンション(7thコードからみたテンション) をいつの間にか演奏していることになります。

記事を読む

循環の曲の真ん中パート2

ツーファイブをいきなり4つ連続させて吹くのは なかなか難しいとは思いますが、 最初は綺麗に全てつなげる必要はありません。 休符をしっかりとった方がより良いソロにつながることが多いです。

記事を読む

バラード用のフレーズは必要か

普通のミディアムテンポで吹くようなフレーズとは別に、バラード用のフレーズが必要なのではないか? と疑問に思っていました。バラードやミディアムスローなどテンポの遅い曲で、8分音符や4分音符だけを使ってソロをとるのはさすがに限界もあります。

記事を読む

曲ごとにソロの内容は変えるべきなのか?

大学時代に 「ビバップの曲とボサノバの曲では、アドリブの内容は変えなくて良いのだろうか?」 と疑問を抱いていた時期があります。

記事を読む

Sponsored Links