アドリブに必要なフレーズ完全版〜仕分け方〜

この記事は約4分で読めます。

アドリブをサウンドさせるためにも(=音を外さないためにも)

仕入れたフレーズを”使える場所ごとに仕分けて覚える”

ということが、アドリブへの近道となります。

また、

アドリブというのは、同じコード進行に対して選択肢を増やすこと
だと思っています。

 

アドリブにどんな種類のフレーズが必要になってくるのか知っておくと、耳コピするときにも、CDを聴いて「お!」となったときにも、教則本などから知識を得るときにも、自分の中に音楽が入ってくるスピードが違うと思うので、今回の記事を書きました!


アドリブ上達の流れ

好きなフレーズだけを集める(嫌いなフレーズは覚えられない)

フレーズをグループごとに仕分け、脳内の引き出しにストックしていく
(もちろん五線譜にメモするのもGOOD)

ストックしたフレーズを、脳内の引き出しからどんどん出して使っていく

繰り返し、さまざまな曲で使うことでフレーズが体に定着してくる
(コードとフレーズが条件反射で一致してくるような感じ)


初見でもアドリブできるようになっていく

 

アドリブに適したフレーズのグループ分け

私のフレーズの仕分け方は以下のとおりです。
これ以上に細かなグループ分けはしていません。

各項目に関連のある記事をリンクしています。
各項目のタイトルをクリックすると、解説記事が開きます。

トニックフレーズ

■メジャーセブンスフレーズ(=メジャートニックフレーズ)フレーズ仕分け-maj7
■マイナートニックフレーズ
マイナートニックフレーズというのは、基本的にメロディックマイナースケールの音使い。
minor-tonic
マイナートニックフレーズは、Ⅰ度マイナーのみならず、マイナーコードが続くところでも演奏することができる。
minor-tonic-2

メジャーツーファイブフレーズ

メジャーツーファイブフレーズは、以下の3つのグループに仕分けると、
アドリブがしやすくなります。


■ドリアンスケール&ミクソリディアンスケールからできているフレーズ
ツーファイブ進行が解決していてもしていなくても、どちらのシチュエーションでも使えるフレーズです。

 

dori-mixo-phrase

 

■ドミナントモーションが表現されているフレーズ
Ⅴ7→Ⅰ度へ解決していなければ使うことができないフレーズです。

dominant-motion-phrase

♭9thなどを使い、いかにも4度進行しそうなドミナントモーションが表現されています。
そのため、4度進行していないところで使うと、サウンドしない場合がほとんどです。

■オルタードスケールからできているフレーズ
ツーファイブ進行が解決していなければ使うことができないフレーズです。

alterd-phrase

オルタードテンション(♭9,♯9,b13)が含まれているため、解決していないところで使うと、音を外しているように聴こえます。

マイナーツーファイブフレーズ

■マイナーツーファイブフレーズ
Ⅱm7b5が特徴的な、マイナーツーファイブ進行のときに使えるフレーズです。
minor-twofive

ツーファイブ進行で使えるフレーズ その他

■ディミニッシュスケールからできているフレーズ
コンビネーションオブディミニッシュスケール(略してコンディミスケール)は、
7thコード上・または7thコードを含むツーファイブ進行の間、使うことができます。
diminish-phrase

ただし、ディミニッシュスケールはⅡ7に対しては使うことができません。

■リディアン♭7thスケールからできているフレーズ
7thコード上・もしくは7thコードを含むツーファイブ進行の間、使うことができます。

G7リディアン♭7thスケール=DメロディックマイナースケールをGから並べたもの
なので、マイナートニックのフレーズをリディアン♭7thスケールのフレーズとして使うことができます。
lyd-b7

Lyd♭7thスケールは、とくに、Ⅱ7にぴったり合うフレーズです。

■ペンタトニックのフレーズ
→この中でもメジャーペンタトニックスケールからできているフレーズ
→この中でもマイナーペンタトニックスケールからできているフレーズ
(使用できるコードの説明は、かなりのスペースが必要ですので、割愛します。ペンタについての教則本を2020年6月下旬に発売予定です。

ツーファイブではないコード進行のときは

 

グループ分けといっても、主にトニックとツーファイブ進行用のフレーズにしか分類していないじゃないか!

 

ツーファイブ進行ではないコード進行のときどうしたらいいの?

と悩んだ方におすすめの記事はこちらです↓

このようなテクニックを身につけると、どんなコード進行でも安心してアドリブをとれるようになってきます。


フレーズ集をお探しの方には、こちらがオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました