バラードのアドリブのコツ

バラードのテンポでいつものツーファイブフレーズやドミナントフレーズを使うと、16分音符で演奏した場合、尺が足りない8分音符で演奏した場合、間延びしてしまうという問題が出てくることがあると思います。

記事を読む

4barsで焦らないコツ

ジャムセッションに恐れを感じる理由の1つに、「4bars」で訳が分からなくなりそうというのがあると思います。

記事を読む

ジャムセッションが怖くなる&上達を妨げる練習

ジャムセッションで最も敵となる「上手くできなければ終わり=完璧主義」のメンタルがどんどん剥がれていきます。なぜなら「難しいことを完璧にできることなんて永遠にありえない」ということを、新曲に沢山触れていくうちに知ることができるからです。

記事を読む

ラインクリシェフレーズは超便利

コード進行の表示の仕方は様々ですが、上記の3つのコード進行すべてに対して、ラインクリシェの技法を用いることができます。つまり、「m」が付いていて、それが4小節続けば、ラインクリシェがよくサウンドする、ということです。

記事を読む

メジャーセブンスのフレーズ

ツーファイブとメジャーセブンスフレーズは分けて覚えておいて、自分で自在に「あのフレーズとこのフレーズを今回はくっつけよう」という風にフレージングを選べる方が少ないフレーズ数でも、組み合わせ次第で様々なバリエーションを持つことができます!

記事を読む

ジャズのブルースのコード進行の解釈

ブルースは1小節目から「7thコード」が出てくるので 混乱してしまいますが、 ブルースに出てくる「7thコード」は、普通の曲の「7thコード」とは少し意味合いが違う というのがポイントです。

記事を読む

Ebm7 Ab7のツーファイブフレーズ厳選5種

難しいKeyだけどよく出る というようなツーファイブフレーズは、 いつまでも苦手意識があるともったいないです!フレーズに対して、自分でなにか意味づけをしてやる と長期間覚えていられたり、 アドリブ中でも冷静に思い出すことができたり、良いことがあります。

記事を読む

ディミニッシュスケールのフレーズ

そのオススメの理由は以下の4点です。 ■8つのツーファイブで共通して同じフレーズ/スケールが使える (1つ覚えるだけで、色々な箇所で使える!) ■楽器の特性に合う音域に合わせて、スケールパターンを使用することができる ■少しトリッキーなサウンドにすることができる ■同じ音使いでリズムを変えれば、それだけで手数が増える

記事を読む

ジャズアドリブセミナーをおすすめする理由

「ツーファイブをただ当てはめる」という方法以外のアプローチを学んだとき、 私は急に アドリブを取るのが楽になり、 セッションでロストもしなくなり、 1小節1小節にとらわれすぎず、自由に次々とフレーズを繰り出せるようになり、 大きな変化を感じました。

記事を読む

Stella by starlightのアドリブ練習法

どんな曲にも使えるアドリブ練習法ですので、ぜひマスターしてください♪ ツーファイブのコード進行が出てきたら、 ツーファイブフレーズを演奏し、着地させる というシンプルな基準を守ることで、 聴いていて安心できるソロになります。

記事を読む

On green dolphin streetのアドリブ攻略ポイント

こちらの元のコード進行から、分かりやすいコード進行に解釈を変えます。 ■最初の2小節は分数コードになっているが、分母は無視 ■4和音から3和音にしてしまう ■4小節目のC7は、次のコードが「Fm7」と4度進行しているので、 「Gm7b5 C7」というマイナーツーファイブと解釈する

記事を読む

ジャズスタンダード7曲のアドリブのコツ

Take the A trainのコード進行で何度も出てくる「D7」というコードは、 曲のKey(この曲はCメジャー)から数えて「2度セブンスコード」なので、注意が必要です。

記事を読む

ジャズのアドリブを効率よく学ぶには

アドリブは、 どのようなフレーズを身につけるのが優先か コード進行の分析・解釈はどのように行うと効率が良いか ということを学ぶことで、どなたでも確実に持ち曲を増やすことができます。

記事を読む

ビバップスケールについて

今回はBebop Scale(ビバップスケール)の特徴とフレーズ例です。 ビバップスケールは、ツーファイブの間中、演奏することができます。ただルートのDの音から下がってくるだけでは面白くありませんので、 少し工夫されたフレーズをご紹介いたします。

記事を読む

1小節のマイナーツーファイブフレーズ例&活用方法

今回は1小節の短いマイナーツーファイブフレーズ例です。1小節のマイナーツーファイブのフレーズ=ドミナントのフレーズです。ターンバックのコード進行上でも使えます。

記事を読む

マイナスワンではアドリブできるが本番はダメ、という方へ

マイナスワンでソロがとれるけれど、 本番の舞台や、人と合わせる(バンド練・セッション)と うまくアドリブできない・・ というお悩みを持つ方は多いようです。 今回は、私なりの対処法をいくつか書いていきたいと思います。

記事を読む

Sponsored Links