Star Eyesのアドリブ方法

今回は、Star Eyesです。 美しいメロディとは裏腹に、 転調の激しいコード進行についていかなくてはならず、 意外と難しい曲です。

記事を読む

ハリウッドスターから学んだ気持ちのコツ

「周りの人のことを想って、人のことを好きになっていくこと」が 「音楽をすること」であったり「作品を作ること」なのかも

記事を読む

人と演奏するときの気持ちのコツ

失敗のデータを集めるつもりで考えながら演奏を続けると、人前でも安定して普段通りの実力を出すためのヒントを収集することができます。

記事を読む

初参加の方にもお勧めのセミナー

何から練習して良いか分からない、という方にとってもお勧めなコースです。Bコースのアドリブセミナー、テキストを作り直しています。 より分かりやすくお伝えできる気がして、今からルンルンです。

記事を読む

使いまわさないうちは、書き譜と同じ

コードとフレーズが結びついた後であれば、 いくらでも他に新しいフレーズを覚えていくことができるので、 最初は欲張らず、どの曲でも、同じコードには同じフレーズを、 演奏するよう心がけましょう。

記事を読む

モチベーションを保つために

「あれやらなきゃなー、でもこれも練習しないとだから、やっぱり今度やろう」 と焦って他のことを付け焼き刃でやっていると、 いつも同じところの堂々巡りで、成長できてないなー、と後で落ち込むことになるので、 急がば回れ、なのです。

記事を読む

コンテストの応援お願いします

Youtube審査があり、 再生回数や「いいね」の数で、審査が有利になるそうです。

記事を読む

リディアンb7thスケールについて

今日から記事の最後に、日記的なおまけを付けてみることにしました。

記事を読む

ツーファイブのメジャーとマイナーについて

Cハーモニックマイナーを G7で使うと、 Gハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウというスーパーかっちょええ名前になります。

記事を読む

It could happen to youのアドリブ方法

この曲はスタンダードの中でも、特に演奏しにくい部類に入ると思うのですが、 演奏しやすい「シンプルなコード進行の捉え方」がありますので、 是非最後まで読んでいただけましたら嬉しいです。

記事を読む

Sponsored Links