Stella by starlightのアドリブ練習法

どんな曲にも使えるアドリブ練習法ですので、ぜひマスターしてください♪ ツーファイブのコード進行が出てきたら、 ツーファイブフレーズを演奏し、着地させる というシンプルな基準を守ることで、 聴いていて安心できるソロになります。

記事を読む

On green dolphin streetのアドリブ攻略ポイント

こちらの元のコード進行から、分かりやすいコード進行に解釈を変えます。 ■最初の2小節は分数コードになっているが、分母は無視 ■4和音から3和音にしてしまう ■4小節目のC7は、次のコードが「Fm7」と4度進行しているので、 「Gm7b5 C7」というマイナーツーファイブと解釈する

記事を読む

ジャズスタンダード7曲のアドリブのコツ

Take the A trainのコード進行で何度も出てくる「D7」というコードは、 曲のKey(この曲はCメジャー)から数えて「2度セブンスコード」なので、注意が必要です。

記事を読む

ジャズのアドリブを効率よく学ぶには

アドリブは、 どのようなフレーズを身につけるのが優先か コード進行の分析・解釈はどのように行うと効率が良いか ということを学ぶことで、どなたでも確実に持ち曲を増やすことができます。

記事を読む

ビバップスケールについて

今回はBebop Scale(ビバップスケール)の特徴とフレーズ例です。 ビバップスケールは、ツーファイブの間中、演奏することができます。ただルートのDの音から下がってくるだけでは面白くありませんので、 少し工夫されたフレーズをご紹介いたします。

記事を読む

1小節のマイナーツーファイブフレーズ例&活用方法

今回は1小節の短いマイナーツーファイブフレーズ例です。1小節のマイナーツーファイブのフレーズ=ドミナントのフレーズです。ターンバックのコード進行上でも使えます。

記事を読む

マイナスワンではアドリブできるが本番はダメ、という方へ

マイナスワンでソロがとれるけれど、 本番の舞台や、人と合わせる(バンド練・セッション)と うまくアドリブできない・・ というお悩みを持つ方は多いようです。 今回は、私なりの対処法をいくつか書いていきたいと思います。

記事を読む

ど定番ジャズスタンダード曲とは

ジャズスタンダードを最初にどんどん練習する、というのは理にかなっているなぁと思いました。いろいろなコード進行のパターンを学べたり、 色々なkey(ツーファイブでもトニックでも)を学ぶことができます。

記事を読む

曲のエンディング方法その3(逆循)

3-6-2-5の最後は少し休符にしてしまえば(G7のところ)、 次との繋がり(半音で繋げなきゃ、とか)を考えずに済むので、 演奏も楽になります。

記事を読む

11月アドリブセミナー報告

アドリブセミナーとその後のレッスンで、 みなさまから成果をご報告いただき、とても嬉しかったです。

記事を読む

Confirmationのちょっとしたコツ

始めの1小節を演奏すれば、あと7小節は自動で演奏できる というような、自動演奏モードを作っておきます。

記事を読む

エンディング方法その2(逆循)

ラスト1回の「Dm7 G7」の箇所で 「終わりますよ!これがラスト1回ですよ!」とバンドメンバーに伝えるための いかにも最後らしいフレーズ(エンディングフレーズと言うことにします) を演奏する必要があります。

記事を読む

実践コースはおすすめ☆

予習などは特に必要ありません。 このセミナーで体得していただく アドリブ練習ノウハウや、コード進行の分析・解釈法は、 どの曲にも応用可能です。

記事を読む

エンディング方法その1(逆循)

最後の4小節がツーファイブワンの進行になっている曲は、 逆循エンディングで終わらせることが多いです。

記事を読む

ディミニッシュスケールについて(最新版)

音の始まるところが違うだけで、その2つのスケールは全く同じ音並びです。

記事を読む

All of meのコード解釈

ツーファイブの想定の仕方のコツは、 7thコードが、何のコードに4度進行しているか、を見つける ことです。

記事を読む

Sponsored Links