集中しやすい環境作り

アドリブの練習・上達には、集中力がかなり必要です。

より早い上達のためには、勉強と同じく、
「集中しやすい環境作り」が必要になってきます。

練習自体が億劫にならないために

例えば、さあ、練習しよう、と思ったときに、

楽器を出さなきゃ、あ、でも楽器の上にある譜面全部どかさないと・・・

とか

枯葉のバッキング音源、どこだっけ、まだiTunesに入れてなかったかな・・・

とか

あれ、こないだ買った五線譜どこにやったっけ・・・

とか色々しているうちに、その日のやる気レベルがどんどん下がってきてしまいます。

また、練習するために色々用意しないといけない、となると、
練習自体が億劫になってしまいます。

準備しなきゃ、と思っただけで集中力はかなり消費される

以前メンタリストDaigoさんの集中力についての本を読んだのですが、
あぁ確かに言えてる、と思うことが書かれていました。

「勉強・仕事・練習」をするために「準備をする」、
この「準備をする」こと自体にも非常に大きなエネルギーが使われています。

そして「さて、準備しなきゃ。まずはあれ片付けて、、」と頭の中で考えただけでも、
かなりの集中力を消費してしまうそうです。

貴重な集中力を消費しないためにも、

よく使うものは出しっぱなしにしておくか、
(楽器はちゃんと毎回掃除してケースに入れましょう)
すぐに出せるところに一式用意しておく

というのが大事だそうです。

私もこの本を読んでから、ピアノの周りに、
練習に必要な譜面・音源(iTunes)・スピーカー・筆記用具を
まとめて配置しています。

ピアノの前に座ると、条件反射的に、おっしゃやるか!とやる気スイッチが入るようになり、
かなり練習もしやすくなりました。
(もちろん全くやる気が出ない日もあります、人間だもの)

Sponsored Links







シェアする

フォローする

Sponsored Links