ジャズ習得のモチベーション一覧

まずは問題文をしっかり読もう

「国語のテストでの点の取り方」と「効率良いアドリブ練習法」 は非常によく似ています。アドリブを練習するときにも、 まず課題曲のコード進行をよくみて、など、先に考える癖をつけましょう。 楽器に触るのはその後です。

記事を読む

集中しやすい環境作り

「さて、準備しなきゃ。まずはあれ片付けて、、」と頭の中で考えただけでも、 かなりの集中力を消費してしまうそうです。

記事を読む

フレーズが全く覚えられないときは・・

うまく吹けなくても、使うと決めたそのワンフレーズをなんとか習得するんだ!と決めて、 自分にストイックに練習すれば、次の日には必ずできるようになっています。 なぜか、次の日なんです。不思議ですね。

記事を読む

ビッグバンドのソロの心得

ビッグバンドのソロって、1コーラスあるかないか、短めなことが多いですよね。ソロの内容を全て決め切ってしまうと、 一字一句間違えられない もし間違えたら戻れない などのプレッシャーから、ど緊張してしまい、ソロが大失敗しやすくなると思います。

記事を読む

ソロの練習がはかどらないのは、知識が少ないせいじゃない

今日こそはこの曲のソロをマスターするぞ!!と意気込んでも、 全く練習がはかどらず、集中力も下がってきて・・・ みたいなことって結構ありますよね。実はこのような楽器の技術が原因になっている場合が多いです。

記事を読む

正しいレッスンの受け方

今回は、レッスンでの精神状態あるある、について書きたいと思います。 「レッスンを受けてきて長年感じていたジレンマ」と、 教えさせていただくようになってから分かった「ジレンマに対しての先生側の気持ち」です。

記事を読む

アドリブを始めて最初にするべきことは

アドリブを勉強しよう!と思い立って、 まず、何から始めよう?と迷う方は多いですよね。効率よく迷いなく進む道は人それぞれあるはずです。 今回は、アドリブを始めるときに、迷わず第一歩を踏み出すコツをご紹介したいと思います。

記事を読む

好きなアーティストを余すところなく使う

「こんなところにも使えるかもな」 「こういう解釈をすれば、こっちの曲にも使えるかも」 など試行錯誤して、 ただの一つのフレーズが、徐々に応用の効く便利フレーズに変化していくのです。諦めずに数時間・数日かけて取り組むと、 いきなり大漁に成果が出始めます。

記事を読む

マイナーチェンジが上達のカギ

モチベーションがとても上がっているときや、 追いつきたい目標が高ければ高いほど、 焦る気持ちが大きくなっていきますよね。 そんなとき、私は「マイナーチェンジ」を自分の合言葉にしています。

記事を読む

結局何から手をつければ良いの?

そんなときには、とりあえずどれだけ難しそうでも、 適当に目についた練習テーマを片っ端から取り上げてやってみましょう。 実は、どのページ(項目・テーマ)から取り掛かるのか、というのは そこまで問題ではありません。 どこから取り掛かっても同じだけ時間がかかると思います。

記事を読む

モチベーションの保ち方

その日その日のモチベーションを保つ&上げるために、 練習の前に、私は以下の3つのポイントをノートに書いて読んでいます。 ・自分でやると決めた課題は、なるべく早く終わらせる ・デッドラインを決める ・できそうな兆しが見えてきたら、その日はやめる

記事を読む

新しいことを練習するときは

どこから手をつければ良いのか全くわからない、なんて途方にくれることもありますよね。 そんなときはまず、楽器を出す前に、 何を参考にし、どのような練習方法で 確実に自分の身にしていくのか、「作戦」を練ってください。

記事を読む

「覚えられない」という悩みには

覚えられないよーと思うときには、 私たちは「これくらいは簡単に覚えられるはずだ」と勘違いしているのかもしれません。

記事を読む

効率よく上達するコツ3

宿題を終わらせるためだけに練習していないか? 「言われたことだけ」「レッスンの宿題だけ」をやろうとしていたのです。 先生は私にその曲を吹けるようになってほしかったのではなく、 その曲で試行錯誤するうちに身につく色々なことを覚えてほしかったのだ、と気付きました。

記事を読む

悪いクセは一瞬で習慣化される

癖は簡単には直りませんよね?と思うかもしれません。 ですが人間の脳は案外単純かつ天才で、その癖に気付いてやめたい、 と思うと一瞬で直してくれるものなんです。

記事を読む

年をとっているから手遅れでは??

「私は出来が悪いから」「覚えが悪いから」「こんなに年をとってるから無理では?」 こんな風に思っていませんか?

記事を読む

Sponsored Links