2019年11月23日(土)ジャズアドリブセミナー Aコース、2019年11月25日(月)ジャズスタンダードコース、2019年11月30日(土)実践コース ご参加受付中です!

モチベーションを保つために

この記事は約3分で読めます。

これやんなきゃな、に対して、
その日に何らかのアクションを起こしておくと、

・音楽に対して気持ちがわくわくする
・締め切りに追われる感がなくなり、むしろ楽しみになる
・その場で1つ1つできないことをつぶしていくので、
1週間単位、1ヶ月単位で見たときに、成長が大きい

と良いことがたくさんあります。

気づいたその日にできるようにならなくて良い

のですが、気づいたその日に

「できるようにするための何らかのアクションを起こす」

ということが大切だ、と最近思います。

その場でやるのとやらないの違い

例えばビッグバンドの譜面をさらっているとき

あ、この箇所ちょっと歌い回しがわからないな

なんかこの曲うまくできなくて嫌いかも

なんかよく分かんなくて面倒臭いかも

次のバンド練習でうまくできなそうだな

バンド練習行くの面倒臭いかも

なんか音楽のこと考えるの疲れるかも

テレビでも見るかぁ。(罪悪感&締め切りに追われる感)

この状況って、夏休みの宿題に似ていて、
できない、分からないを無視すると、どんどん先延ばしにしたくなります。

自分が楽しむための趣味に対しても、こう思ってしまうことってありますね。


ここで、何らかのアクションを起こすと、
心に余裕が生まれ、音楽をするのが楽しみになり
いつも音楽のことを考えていたい♪という前向きな気分にもなりやすいです。

オススメの行動パターン

あ、この箇所ちょっと歌い回しがわからないな

歌い回しの確認のために、今、この曲を何パターンか聴いてみよう

このアーティストの真似すると、結構できそうだし、かっこいいかも

さすがにすぐにはできないけど、譜面におこしてみよう

明日はこの譜面を実際に演奏できるように練習しよう

明日練習するの楽しみだな

(次の日の練習後)

なんかこの曲って結構かっこよくて好きかも!

あーバンド練習行くの楽しみ♪

音楽って楽しいなー!さて、好きなテレビ見よっと!
1ミリでも進むと、なんか嬉しくなっちゃいます、
他の行動をしているときに、音楽のプレッシャーから解放されやすくなります。
騙されたと思って、ぜひその場で行動を!!!

知ることは好きになること

知らないから好きになれない、というのは、人間関係でも、勉強でも、あるなぁと思います。

人を知ることは、その人のことをどんどん好きになっていくことだ、と
私は毎日思っているのですが、

新しい曲もそれと同じで、

その曲の良さを知らないから、好きになれなくて、面倒臭くて、
どう頑張れば良いか分からない

のだと思います。

その人の良さを知って、その人の活かし方を知ると、自然と自分のことをアピールできたり
その人との付き合いが楽しみになったり、それと同じかなぁと思います。

今すぐって、物理的に無理です

でも、今すぐにアクションを起こすなんて、時間も足りないし、無理。

ということも実際ありますよね。というか、ほとんどの状況がそうだと思います。

なので、「練習中に気付いたこと」や「できないから要練習」という事項は、
ノートに書いておくことをオススメします。

それを必ず、

次の日の練習始めに
「こなしてしまう、または、克服するための解決法(近道)を考える」

というのがポイントです。

初めに終わらせないと、時間が足りなくなるので、焦らず、そちらを先に終わらせます。

「あれやらなきゃなー、でもこれも練習しないとだから、やっぱり今度やろう」
と焦って他のことを付け焼き刃でやっていると、
いつも同じところの堂々巡りで、成長できてないなー、と後で落ち込むことになるので、
急がば回れ、なのです。

やる気がない日も、始めてしまえば、勢いがつきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました