1曲アドリブを仕上げる手順

アドリブをどんどん上達させるには、
場数=曲数を踏むのが一番手っ取り早いように思います。

「今回はこんなコード進行に対応できるようになった」というのが
1ミリずつでも増えれば、それは確実に上達している証拠だからです。

もちろん1曲1曲丁寧に練習していかなければ意味がありませんが、
次の曲に果敢に挑戦することも大切です。

とりあえず一曲仕上げてみよう

とりあえず1曲最初から最後まで仕上げてみようとすると、
苦手なKeyのツーファイブも、苦手な進行も、覚えざるを得なくなります。

うまく吹けないところも、どうにかフレーズを引っ張ってきたり、
違う解釈を生み出したり、つじつまを合わせようとすることで、
自分の中のスタンダードや、指癖が決まってくるのかなと思います。

1曲クリアさせると、次の曲は少し楽になり、また次の曲が楽になり・・と
どんどん楽しくなってきます。

そうは言っても、なかなか今の課題曲をクリアするのって難しい・・というより、
どこから「クリアした」と判定して、次に進んで良いのか分からない・・・
と思われるかもしれません。

私は、1曲のクリアの条件に対して、このような項目を自分の中で設けています。

課題曲に対するアドリブのクリアの基準

・新しく覚えたフレーズは1個でも使えたか?
・フレーズ同士の繋がりは前より向上したか?
・テーマはごまかさずしっかり吹けているか?
・課題とした曲の、コード進行の解釈は明確になったか?

この中で一番大切な基準は、
新しく覚えたフレーズは1個でも使えたか?
というところです。

1曲につき1つでもフレーズを増やせれば、
それはもう成長しているということに他なりません。

曲を決めてからクリアまでの手順

まず曲を決める(自分の好きな曲にした方がやる気が出ます)

その曲を演奏している偉大なアーティストを何人か聴いて、
イケてるフレーズがあったらもらう

コード進行を分析して、どんなツーファイブ/トニックフレーズが必要か考える

解釈が自分でうまくできないコード進行があったら、
その部分に注意して、偉大なアーティストたちの録音を聴く

あまり慣れていないフレーズやKeyがあったら特に練習

覚えたフレーズを無理矢理にでも曲の中で出す練習(バッキングを使いながら)

「こうつながったらカッコ良いんじゃないか?」というのを配慮しながら
フレーズをつなげる練習(バッキングは無しで)

テーマ+アドリブを2〜3コーラス吹いて(バッキングを使って)
クリアの基準を満たせているか、録音を聴いて確認

クリアしていたら、次の曲へ!!!
(ここまで練習していれば、今回の曲は定着しているはずです)

ライブを重ねるうちにどんどん上達する、というのは、
とにかく1曲1曲を人前で出来るように仕上げていかなければいけないからかもしれません。

Sponsored Links